FC2カウンター FPGAの部屋 2019年09月17日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96-V2 の高速、低速コネクタ用PMOD 拡張基板2(回路図作成途中)

Ultra96-V2 の高速、低速コネクタ用PMOD 拡張基板1”の続き。

前回は、”Ultra96-V2 の低速コネクタに接続する PMOD 拡張基板を作ってきたが、PMOD が 2 個だと、CMOS カメラを接続するので、精一杯で、ロボットを動かすPWM を出力するPMOD が確保できなかった。よって、高速コネクタのピンも使用して、最大PMOD 6 個出力できるようにしようと思う。”ということで、Ultra96V2 のコネクタの仕様や使用する部品について検討した。今回は、KiCad で回路図を作成している。新たな部品のシンボルを作成して、階層回路図を使用して書いている。

KiCad 階層回路図を書くのは初めてなので、”KiCad 5.0 / 5.1 入門実習テキスト『KiCad Basics for 5.x』 #マッハ新書”を見ながら階層回路図を書き方を学習しながら回路図を書いている。

まずは、作成したシンボルを示す。
秋月電子のチップネットワーク抵抗器 CND2A10Y 1kΩの回路図シンボルをR_Network08 を修正して作成した。
Ultra96V2_HL_exp_board_7_190917.png

次に、秋月電子のムラタ表面実装DC-DCコンバーター OKL-T/3-W5N-C の回路図シンボルを作成した。これは同じピン番号が 2 つあるピンがあるので、それは大きな番号に振り直した。
Ultra96V2_HL_exp_board_8_190917.png

これを使用してPMOD 2個分ずつに回路図を分割した。
Ultra96V2_HL_exp_board_4_190917.png

low_speed_con, high_speed_con0, high_speed_con1 の 3 つの階層回路図に分割した。

low_speed_con を示す。これはだいたい完成している。
Ultra96V2_HL_exp_board_3_190917.png

high_speed_con0 を示す。これは高速コネクタは書けているが、高速コネクタの片側のピンをhigh_speed_con1 に回す必要がある。その部分はまだだ。
Ultra96V2_HL_exp_board_5_190917.png

high_speed_con0 を示す。これは、PMOD 回路をコピーしただけで、まだ高速コネクタからの信号線をつないでない。高速コネクタからの信号線は階層ラベルにする予定だ。
Ultra96V2_HL_exp_board_6_190917.png

全体の完成度は 50 % と言ったところか? 引き続き回路図の完成に向けて努力しよう。
  1. 2019年09月17日 05:11 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0