FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado ML 2021.1 のボード・ファイルの再インストール方法(決定版)

Vivado ML 2021.1 では突然 IDE のスタート画面に出てくるプロジェクトの履歴がなくなって、プロジェクト作成時の Default Part 画面でインストールしたボード・ファイルが見えなくなってしまうことが、私の場合、Windows、Linux を問わずに起こっていた。

その対処方法として、Linux では、”Vivado ML 2021.1でボード・ファイルをコピーして、ボード・ファイルをインストールする”でとりあえず対処することができた。

”Vivado 2021.1 board file location”では、従来と同様に、Xilinx\Vivado\2021.1\data\boards\board_files にボード・ファイルをコピーすれば良いとのことだった。これは、私が確かめてうまく行った。

それとは別に K 林さんから正規の手順をお聞きしたので、やってみよう。

まずは、Vivado 起動画面の Create Project からプロジェクトを作成したときに、Default Part で Zybo Z7-10 のボード・ファイルが出てこなくなっている。
board_files_1_210905.png

Vivado ML2021.1 の起動画面で、Vivado Store をクリックする。

Install Application Information ダイアログが表示される。 OK ボタンをクリックする。

Vivado Store ダイアログが表示された。
Board タブをクリックする
Degilent inc を開くと、Zybo, Zybo Z7-10, Zybo Z7-20 がインストールされていることになっている。
それぞれを右クリックし右クリックメニューから Uninstall... をクリックして、アンインストールする。
board_files_2_210905.png

アンインストールがおわったら、3 つを選択して、右クリックし、右クリックメニューから Install... を選択する。
board_files_3_210905.png

Zybo, Zybo Z7-10, Zybo Z7-20 がインストールされた。
board_files_4_210905.png

すると、Vivado 起動画面の Create Project からプロジェクトを作成したときに、Default Part で Zybo, Zybo Z7-10, Zybo Z7-20 のボード・ファイルが表示された。
board_files_5_210905.png

これで正常に戻った。
K 林さん、ありがとうございました。
  1. 2021年09月05日 17:00 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない4

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない3”の続き。

前回は、DFX が設定されている Vivado プロジェクトで、ILA の数を減らした時に ILA ダッシュボードが表示されるか?を見たが、全ての状態で ILA ダッシュボードは表示されなかった。今回は、DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトと DFX の入っている DFX_filter_test_211 プロジェクトの dbg_hub の接続の違いを比べて、Debug 設定ではなく、直接 System_ILA を Add IP して接続し、今までと違いがあるか?を調べる。

まずは、DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトで、 SYNTHESIS -> Open Synthesized Design を選択して、 Synthesized Design を開く。
Synthesized Design から Schematic をクリックして開いた。
ILA_26_210902.png

dbg_hub は左下にあった。

次に、DFX を設定した DFX_filter_test_211 プロジェクトで、 SYNTHESIS -> Open Synthesized Design を選択して、 Synthesized Design を開く。
Synthesized Design から Schematic をクリックして開いた。
ILA_27_210902.png

DFX_filter_test2 の方のクロックが 2 個なので、違いがあるように見えるが、接続は同じようだ。

DFX を設定した DFX_filter_test_211 プロジェクトの Synthesized Design で Set Up Debug をクリックしてみた。
ILA_28_210902.png

すると not ready for debugging ダイアログが表示された。
ILA_29_210902.png

This design contains a reconfigurable partition.Debug insertion is not currently supported. Please use the debug instant ion flow.


DFX が設定されていると Set Up Debug ができない。

DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトも同様に Set Up Debug する。
ILA_30_210902.png

すると、ちゃんと Set Up Debug ダイアログが表示された。
ILA_31_210902.png

次に、 Debug を全て Clear Debug して、 System_ILA を IP として追加する。

DFX の入っている DFX_filter_test_211 プロジェクトに Sytem_ILA を追加して、配線を行った。
ILA_32_210902.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成が終了した。
Design Runs を見ると全てのタイミングは問題ない。
ILA_33_210902.png

Vivado でハードウェアをエクスポートし、 Viits でプラットフォームをアップデートして、アプリケーション・プロジェクトをビルドし、デバッグ・モードでソフトウェアを起動した。
ILA_34_210902.png

Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示されなかった。
ILA_35_210902.png

やはり、System ILA を Add IP してもだめだ。。。

次に、DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトに System ILA を追加してみよう。

DFX の設定されていない DFX_filter_test2 プロジェクトに Sytem_ILA を追加して、配線を行った。
ILA_36_210902.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成が終了した。
Design Runs を見ると全てのタイミングは問題ない。
ILA_37_210902.png

Vivado でハードウェアをエクスポートし、 Viits でプラットフォームをアップデートして、アプリケーション・プロジェクトをビルドし、デバッグ・モードでソフトウェアを起動した。
ILA_38_210902.png

Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示されて、波形をキャプチャできた。
ILA_39_210902.png

やはり、 DFX の設定されている Vivado プロジェクトでは、 System ILA でデバッグできないようだ?
  1. 2021年09月02日 05:08 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない3

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない2”の続き。

前回は、 ILA ダッシュボードが表示されなかったプロジェクトで Debug の数を変化させて ILA ダッシュボードが表示されるか?を調べたが、段々に増やしていけば、前々回に ILA ダッシュボードが表示されなかった数と同じ ILA の数を入れても ILA ダッシュボードが表示されて、デバックができた。今回は、それでは、いままでは DFX が設定されていない Vivado プロジェクトで前々回、前回と ILA ダッシュボードが表示されるのを見てきたが、DFX が設定されている Vivado プロジェクトで、ILA の数を減らした時に ILA ダッシュボードが表示されるか?を見ていこう。

Zynq の PCAP を使用して DFX する4(Vivado でデバッグできない)”の DFX_filter_test_211 プロジェクトの ILA の数を 2 個にした。 vfilp_dma_write_0 の m_axi_gmem と DMA2axis_0 の m_axi_gmem の 2 つの AXI4 Master インターフェースに Debug を設定した。
ILA_20_210830.png

これで、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行って、ハードウェアをエクスポートした。
Viits でプラットフォームをアップデートして、アプリケーション・プロジェクトをビルドし、デバッグ・モードでソフトウェアを起動した。
Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示されなかった。
ILA_21_210830.png

次に、 AXI4 Master インターフェースはやめて、AXI4-Stream インターフェースの 2 つに Debug を指定した。
ILA_22_210830.png

これも同様に作業を行ったところ、やはり、 ILA ダッシュボードが表示されなかった。
ILA_23_210830.png

それでは、AX4−Stream インターフェースはやめて、クロックの異なる bitmap_disp_cont_axis_0 の RGB から rgb2dvi_0 の RGB への配線に Debug を指定した。
ILA_24_210830.png

これも同様に作業を行ったところ、やはり、 ILA ダッシュボードが表示されなかった。
ILA_25_210830.png

DFX を指定したプロジェクトでは、 ILA を使えないのだろうか?
  1. 2021年09月01日 04:43 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない2

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない1”の続き。

前回は、DFX を含むプロジェクトで、Vivado ML 2021.1 でブロック・デザインで、 Debug を設定し、System ILA IP を実装したが、 Open Hardware Manager した時に ILA ダッシュボードが表示されないという不具合があったということで、DFX を含まないプロジェクトをやってみたが、1 つのプロジェクトは同様に ILA ダッシュボードが表示されなかったが、もう 1 つのより簡単なプロジェクトは正常に ILA ダッシュボードが表示された。今回は、 ILA ダッシュボードが表示されなかったプロジェクトで Debug の数を変化させて ILA ダッシュボードが表示されるか?を調べる。

DFX_filter_test2 プロジェクトの Debug の数は AXI4 Master インターフェースが 2 個、 AXI4-Stream が 3 個、 RGB インターフェースが 1 個だった。
それを、AXI4 Master インターフェースが 2 個と RGB インターフェースが 1 個にしてみる。
ILA_11_210829.png

これで、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行って、ハードウェアをエクスポートした。
Viits でプラットフォームをアップデートして、アプリケーション・プロジェクトをビルドし、デバッグ・モードでソフトウェアを起動した。
Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示された。
波形もキャプチャすることができた。
ILA_12_210829.png

RGB インターフェースも見えている。
ILA_13_210829.png

それじゃ、AXI4-Stream インターフェースがダメなのか?ということで、 mt9d111_inf_aixs_0 から vfilp_dma_write_0 に行く AXI4-Stream インターフェースに Debug を設定した。
ILA_14_210830.png

これも同様に、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行って、ハードウェアをエクスポートした。
Viits でプラットフォームをアップデートして、アプリケーション・プロジェクトをビルドし、デバッグ・モードでソフトウェアを起動した。
Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示された。
波形もキャプチャすることができた。
ILA_15_210830.png

次に、DMA2axis_0 から through_axis_0 に行く AXI4-Stream インターフェースを追加してみた。これで AXI4 Master インターフェースが 2 個、 AXI4-Stream が 2 個、 RGB インターフェースが 1 個となった。
ILA_16_210830.png

これも同様にしたところ、 ILA ダッシュボードが表示され、波形も表示できた。
ILA_17_210830.png

それじゃ、 Debug の数を AXI4 Master インターフェースが 2 個、 AXI4-Stream が 3 個、 RGB インターフェースが 1 個に戻してみる。
ILA_18_210830.png

これも同様にしたところ、 ILA ダッシュボードが表示され、波形も表示できた。
ILA_19_210830.png

え〜〜。”Vivado ML 2021.1 でデバッグできない1”で最初にやった時は、DFX_filter_test2 プロジェクトの Debug の数が AXI4 Master インターフェースが 2 個、 AXI4-Stream が 3 個、 RGB インターフェースが 1 個で ILA ダッシュボードが表示されなかったが、段々と AXI4-Stream インターフェースを増やしていったら、全部 ILA ダッシュボードが表示された。
なんか不安定なんだろうか? ILA.
  1. 2021年08月31日 05:19 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない1

Zynq の PCAP を使用して DFX する4(Vivado でデバッグできない)”で Vivado ML 2021.1 でブロック・デザインで、 Debug を設定し、System ILA IP を実装したが、 Open Hardware Manager した時に ILA ダッシュボードが表示されないという不具合があった。どのような条件でそうなるかを調べてみよう。

まずは、 DFX を設定してないと大丈夫なのか調べてみよう。
DFX_filter_test_211 プロジェクトから DFX を設定しないプロジェクト DFX_filter_test2 プロジェクトを作成した。
ILA_1_210829.png

ブロック・デザインを示す。
ILA_2_210829.png

System ILA が入っている。

これで、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行って、ハードウェアをエクスポートした。
Vitis を起動して、プラットフォームとアプリケーション・プロジェクトを作成し、アプリケーション・ソフトウェアの DFX_filter_test.c を作成した。
アプリケーション・ソフトウェアをデバッグ・モードで起動した。
ILA_3_210829.png

Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示されない。
ILA_4_210829.png

どうやら DFX は関係ないようだ。

次は、”AXI Master インターフェースを含む IP を DFX する1”の DFX_test_211 プロジェクトの DFX がない状態について System ILA を入れて確かめてみよう。

作成した DFX_test2 プロジェクトを示す。
ILA_5_210829.png

ブロック・デザインを示す。
ILA_6_210829.png

これで、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行って、ハードウェアをエクスポートした。
Vitis を起動して、プラットフォームとアプリケーション・プロジェクトを作成し、アプリケーション・ソフトウェアの DFX_test.c を作成した。
アプリケーション・ソフトウェアをデバッグ・モードで起動した。
ILA_7_210829.png

Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示された。
ILA_8_210829.png

Vitis で Resume すると、 gtkterm に演算結果が正常に表示された。
ILA_9_210829.png

ILA ダッシュボードに波形が表示された。
ILA_10_210829.png

もしかして、 AXI4 インターフェースだけを Debug すると動作するのか?
次回はそれをやってみよう。
  1. 2021年08月30日 04:20 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado ML 2021.1でボード・ファイルをコピーして、ボード・ファイルをインストールする

Vivado ML 2021.1 は、今までのバージョンの Vivado のボード・ファイルのインストール方法と違って、 New Project ダイアログの Default Part 画面でボードの名前の Status の Install アイコンをクリックしてボード・ファイルをインストールする。(”Vivado ML 2021.1 でボード・ファイルをインストールする”参照)
このやり方で Zybo Z7-20 をインストールして使っていたのだが、たまに Default Part の画面に出てこない時がある。Dafault Part でボード・ファイルを選択できないととっても困るので、やり方を探ってみた。

私のマシンの OS は Ubuntu 18.04 なので、そのつもりで見て欲しい。
Windows では、”VivadoにZyboの設定ファイルを読み込む方法(Vivado ML 2021.1版にも対応)”によると、ボード・ファイルのインストール・フォルダは、”\AppData\Roaming\Xilinx\Vivado\2021.1\xhub\board_store\xilinx_board_store\XilinxBoardStore\Vivado\2021.1\boards\Digilent”ということだった。
それでは、Ubuntu では何処だろう?と考えると、ホーム・ディレクトリの .Xilinx の下だろうと思った。探してみると、”/home/masaaki/.Xilinx/Vivado/2021.1/xhub/board_store/xilinx_board_store/XilinxBoardStore/Vivado/2021.1/boards”がボード・ファイルのインストール・ディレクトリのようだ。
このディレクトリの下に Digilent などの会社のディレクトリがあって、その下にボード・ファイルのディレクトリを入れるようだ。
board_files_1_210828.png

もうすでに zybo-z7-20 のボード・ファイルのディレクトリが入っているがこれは、”XilinxBoardStore/boards/”の Digilent の下からダウンロードしたボード・ファイルのディレクトリを、”/home/masaaki/.Xilinx/Vivado/2021.1/xhub/board_store/xilinx_board_store/XilinxBoardStore/Vivado/2021.1/boards/Digilent”の下にコピーした。

こうするとNew Project ダイアログの Default Part 画面で下の様にリストに出てくるようだ。
board_files_2_210828.png

これでボード・ファイルが出てこなくなることは無いだろう?と思う。使ってみよう。
  1. 2021年08月28日 15:55 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado ML 2021.1 でボード・ファイルをインストールする

Vivado ML 2021.1 で ZYBO Z7 などのボード・ファイルをインストールしようとしたが、Vivado\2021.1\data\boards フォルダに board_files フォルダが無かった。
どうやって、ボード・ファイルをインストールするのか?を探ってみた。

Vivado ML 2021.1 の File メニューから Project -> New... を選択して、Create a new Vivado Project ダイアログで新しいプロジェクトを作成していくが、その途中で Default Part 画面がある。
Default Part 画面の Refresh ボタンをクリックすると、利用可能なボードが出てくるようだ。
Vivado2021-1_11_210623.png

Refresh ボタンをクリックすると、Refresh Catalog が出てきてカタログをダウンロードしている。
Vivado2021-1_12_210623.png

ZYBO Z7-20 や ZYBO Z7-10 などが出てきた。
Status の Install ボタンをクリックすると、ボード・ファイルがインストールされるようだ。
Vivado2021-1_13_210623.png

ボード・ファイルがインストールされた。
これで ZYBO Z7-10 のボード・ファイルが反映される。
Vivado2021-1_14_210623.png
  1. 2021年06月23日 20:28 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»