FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado 2022.1 から Vivado 2022.2 へブロック・デザインを変換する

Vivado 2022.2 最新情報の主なハイライト”に IP インテグレーターが変更されたようなことが書いてあったので、Vivado 2022.1 のプロジェクトを Vivado 2022.2 に変換したところ、変化がよく分からなかった。

kv260_median_platform のメディアン・フィルタを KV260 の Petalinux から動作させる21”の Vivado 2022.1 で作成された kv260_median_platform プロジェクトを使用する。

KRIA_KV260/2022.1/kv260_median_platform/work ディレクトリの kv260_median_platform ディレクトリをコピーして kv260_median_platform_222 に名称を変更した。

Vivado 2022.2 を起動して、kv260_median_platform_222 ディレクトリの kv260_median_platform.xpr を読み込んだ。

Older Project Version ダイアログが表示された。
デフォルトの Automatically upgrade to the current version のラジオ・ボタンにチェックを入れたまま、OK ボタンをクリックする。
Vivado_2022_2_1_221025.png

Project Upgrade ダイアログが表示された。
Report IP Status ボタンをクリックする。
Vivado_2022_2_2_221025.png

IP Status 画面が表示された。
Upgrade Selected をクリックする。
Vivado_2022_2_3_221025.png

Upgrade IP ダイアログが表示された。
OK ボタンをクリックする。
Vivado_2022_2_4_221025.png

IP が更新される。
Vivado_2022_2_5_221025.png

Upgrade IP ダイアログが表示された。
OK ボタンをクリックして、ダイアログを閉じる。
Vivado_2022_2_6_221025.png

Generate Output Products ダイアログが表示された。
Generate ボタンをクリックする。
Vivado_2022_2_7_221025.png

IP を生成している。
Vivado_2022_2_8_221025.png

Critical Messages ダイアログが表示された。
このクリティカル・ワーニングは Vivado 2022.1 の時も表示された。
OK ボタンをクリックして閉じた。
Vivado_2022_2_9_221025.png

論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行った。
Project Summary の結果を示す。
Vivado_2022_2_10_221025.png

特に不具合は無いようだ。
  1. 2022年10月31日 04:32 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado 2022.2 がでました

Vivado 2022.2 がでました。
japan.xilinx.com のダウンロードサイトからダウンロードすることができます。

Vivado 2022.2 最新情報の主なハイライトです。
気になる機能は
・”アドレス パスの可視化”ってなんでしょう? 気になります。

Vitis ソフトウェア プラットフォーム最新情報
こちらの気になる機能は。。。
”シンプルな RTL テストベンチまたは Python スクリプト ベースのトラフィック ジェネレーターを使用して AI エンジン カーネルのシミュレーションが可能”とか、Python スクリプト ベースのトラフィック ジェネレーターが使える良いですね。

Vitis HLS 2022.2 では、

性能とタイミングを強化​​​
 バースト推論が改善
 Unroll、Pipeline、Array_Partition、inline の各プラグマを自動的に推測し、性能を向上させる
 タイミング精度の向上により、より高い周波数でタイミング クロージャを達成可能


これは楽しみですね。プラグマ付けなくても性能が向上する?

解析とデバッグ: RTL 合成後でも C コードに挿入された printf をサポート


これは、どう使うんだろう?なぞ?

使いやすさ向上: 指定されたトランザクション間隔を自動で達成するための新しいパフォーマンス プラグマ


これはとっても楽しみ。。。マニュアルを調べてみよう。

FFT および FIR IP​ で HLS::stream インターフェイスがサポートされる


早速、Vitis 2022.2 をインストールしました。Vivado 2022.2 も一緒にインストールされています。
  1. 2022年10月22日 17:53 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado 2022.1 でファイルを見ようとすると Initializing Language Saver プログレスバーが表示されてファイルが開かない

Windows10 の Vivado 2022.1 で Create HDL Wrapper で作成した Verilog ファイルを見ようとすると、Initializing Language Saver プログレスバーが表示されてファイルが開かないという現象が起きた。
Vivado_ILS_1_220716.png

なお、xdc ファイルも表示できなかった。

解決策が無いか?検索していると、Vivado 2021.1 だが、”Vivado2021.1でinitializing language server がスタックする問題について”が検索できた。

回避策 1 をやってみる

C:\Users\AppData\Roaming\Xilinx\Vivado\tclapp\mainfest.tcl


Vivado_ILS_2_220716.png

Vivado を閉じて mainfest.tcl を消去して、もう一度 Vivado 2022.1 を起動して、ファイルを開こうとしたが、やはり、Initializing Language Saver プログレスバーが表示されてファイルが開かなかった。

解決策 2 をやってみる
Vivado 2022.1 の Tools -> Settings を選択する。
Vivado_ILS_3_220716.png

Settings ダイアログが表示された。
Tool Settings の Text Editor -> Syntax Checking をクリックする。
Syntax checking は Sigasi に設定されていた。
Vivado_ILS_4_220716.png

Syntax checking を Vivado に変更した。
Vivado_ILS_5_220716.png

OK ボタンをクリックすると、Vivado Settings ダイアログが表示された。
OK ボタンをクリックする。
Vivado_ILS_6_220716.png

これでファイルを開くと、同様に Initializing Language Saver プログレスバーが表示されてファイルが開かないという現象だった。

Vivado を閉じて、再度 Vivado 2022.1 を起動したら、今度は Verilog HDL ファイルを開くことができるようになった。
Vivado_ILS_7_220716.png
  1. 2022年07月16日 20:50 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado 2022.1, Vitis 2022.1 が出ています

Vivado 2022.1, Vitis 2022.1 が出ています。

Vivado の新機能

Vitis™ の新機能

Vitis HLS の新機能で興味があるのが

”Vitis HLS で新しいパフォーマンス プラグマ (set_performance_directive) を使用して、よりスマートな構築が可能”

これ試してみたい。

When set_performance_directive is specified, the tool automatically applies pragmas or directives such as PIPELINE, UNROLL, or ARRAY_PARTITION to achieve the target_ti.

だそうです。 set_directive_performance参照
  1. 2022年04月27日 20:36 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado の Log4j のパッチ

debugordie さんのツィートで知ったのですが、Vivado 2019.2 〜 Vivado 2021.2 の Log4j のパッチが出ているようです。

Xilinx Product Security Statement: CVE-2021-44228 Apache Log4j Vulnerability in Xilinx Products

"Patch-Log4j-2.4.zip "ファイルをダウンロードします。

Linux (Ubuntu 18.04) の場合
tools/Xilinx ディレクトリにダウンロードして、Patch-Log4j-2.4.zip を解凍します。
log4j_patch ディレクトリが解凍できます。
log4j_1_220215.png

log4j_patch ディレクトリの内容です。
log4j_2_220215.png

log4j_patch/README ファイルを開くと、対象は 2020.2, 2020.3, 2021.1, 2021.2 のようです。
パッチの当て方を引用しますが、間違っている部分は修正してあります。

* 2020.2
  On Windows run:
  Vivado\2020.2\tps\win64\python-3.8.3\python.exe log4j_patch\patch.py

  On Linux run:
  export LD_LIBRARY_PATH=$PWD/Vivado/2020.2/tps/lnx64/python-3.8.3/lib/
  Vivado/2020.2/tps/lnx64/python-3.8.3/bin/python3.8 log4j_patch/patch.py

* 2020.3
  On Windows run:
  Vivado\2020.3\tps\win64\python-3.8.3\python.exe log4j_patch\patch.py

  On Linux run:
  export LD_LIBRARY_PATH=$PWD/Vivado/2020.3/tps/lnx64/python-3.8.3/lib/
  Vivado/2020.3/tps/lnx64/python-3.8.3/bin/python3 log4j_patch/patch.py

* 2021.1
  On all Linux Flavors (Centos, RHEL, Ubuntu 18,… ) where python version 3.8.3 used, follow the  instructions below
     export LD_LIBRARY_PATH=$PWD/Vivado/2021.1/tps/lnx64/python-3.8.3/lib/
     Vivado/2021.1/tps/lnx64/python-3.8.3/bin/python3 log4j_patch/patch.py
  On Windows run:
    Vivado\2021.1\tps\win64\python-3.8.3\python.exe log4j_patch\patch.py


* 2021.2
  On all Linux Flavors (Centos, RHEL, Ubuntu 18,… ) where python version 3.8.3 used, follow the  instructions below
     export LD_LIBRARY_PATH=$PWD/Vivado/2021.2/tps/lnx64/python-3.8.3/lib/
     Vivado/2021.2/tps/lnx64/python-3.8.3/bin/python3 log4j_patch/patch.py
  On Windows run:
    Vivado\2021.2\tps\win64\python-3.8.3\python.exe log4j_patch\patch.py


私の Ubuntu 18.04 パソコンには 2020.3 はインストールしていないので、それ以外をアップデートします。
ターミナルで、tools/Xilinx ディレクトリに行きました。

2020.2
export LD_LIBRARY_PATH=$PWD/Vivado/2020.2/tps/lnx64/python-3.8.3/lib/
Vivado/2020.2/tps/lnx64/python-3.8.3/bin/python3.8 log4j_patch/patch.py

log4j_3_220215.png

2021.1
export LD_LIBRARY_PATH=$PWD/Vivado/2021.1/tps/lnx64/python-3.8.3/lib/
Vivado/2021.1/tps/lnx64/python-3.8.3/bin/python3 log4j_patch/patch.py


2021.2
export LD_LIBRARY_PATH=$PWD/Vivado/2021.2/tps/lnx64/python-3.8.3/lib/
Vivado/2021.2/tps/lnx64/python-3.8.3/bin/python3 log4j_patch/patch.py


Windows11 の場合
Xilinx ディレクトリにダウンロードして、Patch-Log4j-2.4.zip を解凍します。
log4j_patch ディレクトリが解凍できます。
log4j_4_220215.png

Windows ターミナルを開いて、C:\Xilinx に行きます。

今のところ、2021.1、2021.2 共に

PermissionError: [WinError 32] プロセスはファイルにアクセスできません。別のプロセスが使用中です。: 'C:\\Xilinx\\xic\\lib/classes\\log4j-1.2.15.jar'

というエラーでパッチをインストールできません。
log4j_5_220215.png

(追加)
タスクマネージャーで、スタートアップ・タブから xic.exe を無効にして、再起動してから、パッチを当てたらエラーなしでパッチが当たりました。
log4j_6_220215.png

2021.1
Vivado\2021.1\tps\win64\python-3.8.3\python.exe log4j_patch\patch.py
log4j_7_220215.png
log4j_8_220215.png

2021.2
Vivado\2021.2\tps\win64\python-3.8.3\python.exe log4j_patch\patch.py
log4j_9_220215.png
  1. 2022年02月15日 11:31 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado ML 2021.2 がでています

Vivado ML 2021.2 が昨日でました。
US のダウンロード・ページにはありますが、日本のダウンロード・ページにはまだ無いようです。
(追記)日本のダウンロード・ページでもでてきました。

Ubuntu 18.04 LTS に Vivado ML 2021.2 のインストールを初めました。
現在のダウンロード・スピードは 6 MB/sec で後 2 h 47 m です。

Vivado® ML 2021.2 の新機能と拡張機能の詳細です。
  1. 2021年10月29日 04:45 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivado ML 2021.1 のボード・ファイルの再インストール方法(決定版)

Vivado ML 2021.1 では突然 IDE のスタート画面に出てくるプロジェクトの履歴がなくなって、プロジェクト作成時の Default Part 画面でインストールしたボード・ファイルが見えなくなってしまうことが、私の場合、Windows、Linux を問わずに起こっていた。

その対処方法として、Linux では、”Vivado ML 2021.1でボード・ファイルをコピーして、ボード・ファイルをインストールする”でとりあえず対処することができた。

”Vivado 2021.1 board file location”では、従来と同様に、Xilinx\Vivado\2021.1\data\boards\board_files にボード・ファイルをコピーすれば良いとのことだった。これは、私が確かめてうまく行った。

それとは別に K 林さんから正規の手順をお聞きしたので、やってみよう。

まずは、Vivado 起動画面の Create Project からプロジェクトを作成したときに、Default Part で Zybo Z7-10 のボード・ファイルが出てこなくなっている。
board_files_1_210905.png

Vivado ML2021.1 の起動画面で、Vivado Store をクリックする。

Install Application Information ダイアログが表示される。 OK ボタンをクリックする。

Vivado Store ダイアログが表示された。
Board タブをクリックする
Degilent inc を開くと、Zybo, Zybo Z7-10, Zybo Z7-20 がインストールされていることになっている。
それぞれを右クリックし右クリックメニューから Uninstall... をクリックして、アンインストールする。
board_files_2_210905.png

アンインストールがおわったら、3 つを選択して、右クリックし、右クリックメニューから Install... を選択する。
board_files_3_210905.png

Zybo, Zybo Z7-10, Zybo Z7-20 がインストールされた。
board_files_4_210905.png

すると、Vivado 起動画面の Create Project からプロジェクトを作成したときに、Default Part で Zybo, Zybo Z7-10, Zybo Z7-20 のボード・ファイルが表示された。
board_files_5_210905.png

これで正常に戻った。
K 林さん、ありがとうございました。
  1. 2021年09月05日 17:00 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»