FC2カウンター FPGAの部屋 2008年03月01日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

竹とんぼを購入

この前、竹とんぼを作ったが、羽のピッチを逆にしてしまって悔しい思いをしたので、竹とんぼを購入した。竹とんぼ屋さんからひねり竹とんぼを購入した。
taketonbo_1_080301.jpg

上が小学校1年~4年生用、下が小学校5年生以上大人用。
大人用を小学校3年の娘が作ったが、簡単に作れて、本当に良く飛ぶ。やはり、羽が軽いし、羽を炎であぶって曲げるので、ピッチが自由自在だ。これで娘と竹とんぼキャッチボールをしたが、うまくできた。結構楽しい。
taketonbo_2_080301.jpg

左が先週作った逆に飛ばす竹とんぼ、右が今回購入した竹とんぼ。
  1. 2008年03月01日 16:40 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DDR2 SDRAMコントローラのその後(DDR2-400では動作せず)

DDR2 SDRAMコントローラは動作周波数200MHz (DDR2-400) でインプリメントしてSuzaku-V(SZ410)にダウンロードしてテストしているが、なかなか良い遅延値(IDELAYの値)を見つけられない。
書き込んだ値はチップスコープで見ると一部読めているのだが、データが化けてしまうところがある。それに、私のDDR2 SDRAMコントローラは動作周波数の1/4データをずらして、内部クロックに同期してデータを読むように作ってあるのだが、どうもIDELAYで遅延させる前に1/4以上内部クロックから遅れてしまっているようだ。もっとも動作周波数200MHzというと周期で 5ns 、1/4周期というと1.25nsなので、FPGAのIOBの出力遅延、配線遅延などを考えると、やはり厳しいと思う。動作周波数200MHzで動作させるのであれば、以前にやっていたように3/4遅延させてデータをとるようにしないとだめだと思う。
というわけで、データが表示されるはずの7セグLEDには、データの取得タイミングが前ずれしているため表示されないが、チップスコープで見ると一部のデータは読めているのがわかる。結局、動作周波数200MHzは厳しいのかもしれない。私のDDR2 SDRAMコントローラ回路にとっては。。。
そういえば、前の展示会でアットマークテクノの方に聞いたときにEDKのDDR2 SDRAMコントローラでも200MHzでは動いていないといっていたと思った。もちょっと低い周波数だったと思う。もしかしたら本当に厳しいのかもしれない。
というわけで、動作周波数を200MHzから思い切って、DDR2 SDRAM仕様上の最低クロックの125MHz(周期8ns) に落とそうと思っている。これでうまくいったら徐々にクロックを上げいていけば良いしね。。。
  1. 2008年03月01日 05:42 |
  2. DDR SDRAMコントローラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11