FC2カウンター FPGAの部屋 2008年10月10日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

DigilentのJTAG USBプログラミングケーブル

DigilentのJTAG USBプログラミングケーブルが届いたので、Spartan3 Starter Kitをコンフィグしてみた。
このケーブルは、ISEのプロジェクト・マネージャーからiMPACTで直接コンフィグすることができない。 Digilent Adept Suiteというソフトウェアを Digilent社からダウンロードして、インストールして使用する。
DigilnetのAdeptの中のExPortというソフトウェアを起動してコンフィグする。

Digilent_ExPort_1_081010.png

上図がExPort。Spartan3 Starter KitにJTAG USBプログラミングケーブルを接続して、Initialize Chain ボタンをクリックすると上図のようにJTAGにつながっているデバイスが見える。
Browse...をクリックして、FPGAにコンフィグするビットファイルを選択し、コンフィグROMにチェックを入れてバイパスする。

Digilent_ExPort_081010.png

Program Chain ボタンをクリックするとコンフィグが出来て、FPGAが動作する。

Digilent_ExPort_2_081010.png

コンフィグROMを書くときには、ISEのGenerate Programming File の下の Generate PROM, ACE, or JTAG File で mcsなどのファイルを作っておいて、Browse...をクリックして選択し、同様にProgram Chain ボタンをクリックするとコンフィグが出来る。これでMODEを変更すれば、電源ONでFPGAが動作する。
DigilentのJTAG USBプログラミングケーブルは、Chipscopeが使用できなかったり、ISEのiMPACTからコンフィグできないのが難点だが、Xilinx純正の USBコンフィグケーブルよりも安価で、すっきりしていて収納が楽だ。
  1. 2008年10月10日 17:45 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ET2008へ行く予定

昨日、Embedded Technology 2008に申し込んだ。
いろいろ見所がありそうかな?面白そうなものがあると良いなと思っている。
行く日は、11月20日(木)に行こうと思っている。この日は、終わりに軽く飲み会があるんですよね? どこかにブースでご馳走になろうと思っているのだが、どうもシャイでだめだ。どこかの方よろしければ誘ってください。
カンファレンスはFPGAの無料セッションだけ受けようと思う。一応、下が登録したセッション。ただし、時間の関係で受けない場合もある。シリアルトランシーバと高速メモリインターフェースはぜひ聞いてみたいと思っている。

11月20日 11:30-12:15 FP-2 FPGAによる組込みシステムのアドバンテージ
11月20日 14:00-14:45 FP-4 FPGAによるシリアルトランシーバ接続による利点と課題
11月20日 15:00-15:45 FP-5 FPGAと高速メモリインターフェイス ソリューション
11月20日 16:00-16:45 FP-6 組込みLinuxとCPUを搭載したFPGAによる組込みシステムの超速開発

  1. 2008年10月10日 05:06 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0