FC2カウンター FPGAの部屋 2009年12月08日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

AlteraのJTAG-UARTの覚書

DE0で、自作ソフトからAvalonバス上のJTAG-UARTとやり取りできないかと思っている。それの覚書。
ネットで検索していたら、niosforum.comの記事がヒット
それによると、nios2-terminalのstdin/stdoutを自作ソフトにリダイレクトするようだ。リダイレクトするソフトウェアは、Redirecting an arbitrary Console's Input/Outputにあるそうだ。
まだ、確かめていない。そのうちに試してみよう。
まずは、nios2-terminalはeclipseからしか起動したことが無いので、これを起動するところから始めないと。。。
  1. 2009年12月08日 05:47 |
  2. AlteraのFPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

X-fest 2010に申し込みました

2010年1月29日(金)に東京コンファレンスセンター・品川 5 Fで開かれる無償テクニカル・セミナー X-fest 2010に申し込んで受講票が届きました。
コース選択は下の通りです。

10:00 ~ 10:50 基調講演: 近年の半導体市場の動向に呼応する代理店商社の役割について
11:00 ~ 11:50 Xilinx FPGA検証を効率的に行うActive-HDLのご紹介(アルデック・ジャパン株式会社)、アサーション・ベースのシミュレーション活用(メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社)
13:00 ~ 13:50 Spartan-6 Hard Memory Controller を使用した外付けメモリーのインターフェースの設計
14:00 ~ 14:50 Spartan-6 ギガビットトランシーバとPCI Expressエンドポイントブロックの設計
15:10 ~ 16:00 最新FPGA用オンボードDC-DC電源モジュールの提案と最適設計のポイント
16:10 ~ 17:00 ザイリンクス社製VIRTEX®-6対応PCI Express®用iDMAC®ソリューション


お昼がでる他に、なんか、ニケ・ボードという、配布用評価基板を配布予定だそうです。べにいた掲示板という評価基板のブログもあるようです。安価に配布なんでしょうか?もしかして無料ですか?そう考えるのは図々しいですよね? 無償だそうです。凄い、太っ腹ですね。。。
主な仕様は下のとおりだそうです。(ここより転載

■ 500Ksps、16ビット、A/Dコンバータ
■ 高精度16ビット、D/Aコンバータ
■ 32ビット Coldfire ® マイコン
■ 128Mビット PCM(相変化メモリ)
■ 3軸センサ
■ 温度センサ
■ リセット付き電源監視回路IC
■ 電源IC(負電源を含む)
■ 各種高精度オペアンプ
■ 2.8W、D級モノラルオーディオ・アンプ
■ USB経由による簡易なソフトウェア・アップデート
■ 無償開発ソフトウェア環境によるコード開発
■ 2x20ヘッダ経由による、アヴネット製Spartan ® -6 LX16 FPGA評価キットとのダイレクト接続


盛り沢山です。セミナーでもこのボードのセミナーがありました。とりあえず、他のセミナーが聞きたいので、聞く予定は無いんですが。。。

”Spartan-6 Hard Memory Controller を使用した外付けメモリーのインターフェースの設計”と”Spartan-6 ギガビットトランシーバとPCI Expressエンドポイントブロックの設計”が楽しみです。
  1. 2009年12月08日 05:37 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6