FC2カウンター FPGAの部屋 2010年12月03日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ET2010に行ってきました

昨日はET2010に行ってきました。
朝10時から張り切って入場。Xilinxブースへ。PALTEKのHYUGA II ボードの説明を聞きました。なかなか良さそう。そうか勘違いしていたけど、Virtex-6て、3.3V入力できなかったんだっけ?3.3VのICとはレベル変換ICで結んでいるとのことだった。やはり、3.3V出来ないと不便だな。。。DVI IN、DVI OUTはあるが、カメラリンクで直接カメラをつなげあないみたいだ。となりではOmniVision社VGAカメラをレベル変換を通して、パラレルで接続している例があった。
なひたふさんのところでは、AptinaのMT9T031Cの画像を見せてもらったが、綺麗に写っていた。データシートがないので、かなり苦労されたとのことだった。
それから、AXI4バスで構成したMicroBlazeのシステムの動作デモをしていた。ISE12.3からサポートなのに、まともに動くんだ?と感動した。Xilinxは本気かも。。。(これで、EDKがもっと良くなると良いな。。。)
Virtex-6HXTがあって、10.3Gbpsでのデモがあった。アイが開いているのが見えた。これで、ALTERAに並んだか?
Xilinxブースでは、こばさんにも、@DSP_PALTEKさんにもお会いできなかった。残念。。。山猿さんにもお会いしたが、ちょうどなひたふさんのところでお話を聞きたいところだったので、挨拶もそこそこに向かってしまって、失礼してしまった。

11時からセミナーなので、急いでセミナールームへ。Xilinxの28nmのFPGAの紹介。これは一般的な内容だった。もうすでに知っているので、きかなくても良かったかも?これならば、午後のALTERAのFPGAの紹介はパスしよう。
次は、井倉さんのNSLの話。ハードの世界でもUMLで仕様書を書きましょうという話には共感を持った。前々からそう思っていて、勉強しようとしていたのだが、物になっていない。この機会に勉強したい。NSLもやってみたいと思った。いつもながらパワフルで面白いお話、面白かったです。

次は、メンター・グラフィックスの方のFPGAがたまに動かなくなることはありませんか?という物騒なおお話。結局、クロックドメインを渡る信号のクリティカルな部分のお話で、それをメンターのツールで自動的に検出できますよ、というお話でした。Xilinxの非同期FIFOコアを付けて、グレイコードカウンタ出力に制約をかけておけば大丈夫と思うのだが、FF受けでりコンバージェンスの問題はケアしてあったかな?と一瞬ヒヤリとしてしまった。思い返すと、1ビットしか乗り換えてなかったと思うのでセーフ。。。これからは注意したい。その意味でも聞いて良かった。。。

その後は、コンビニで買ってあったおにぎりとパンで昼食。その後、ふらふらと見学しました。ハフトテクノロジの暇村さんにご挨拶をしました。オーバートーンのブースでは井倉さんとお話できました。ブランケットを頂きました。ALTERAも行ってきました。12月6日だったかな?5日だったかな?Quartus II 10.1が出るそうです。Qsysはベータだそうですが、出るそうですよ。SOPC Builderのプロジェクトはまだ読み込めないそうです。だけど、Web Editionでは使えないと言ってましたね。

疲れたので、2階でロイヤルミルクティーで休憩。1時間くらい休憩していたかな?4時くらいになったので、また見学に行きました。
ATOMプロセッサとPCIeで接続されたArria II GXが載っているマザボがあったので、足を止めました。全部C言語で書いて、オフロードしたい部分はプラグマを書いて、Arria II GXに振り分けることができるということでした。面白そう。ハードウェアアクセラレートが出来るのはアプリは限られるのかもしれないけど、面白い。。。ハードにTCP/IP処理をオフロードして、ATOMは他のことをやるとか?さらにFPGAに高性能なプロセッサが入ったら面白いかも?本番はE600のALTERA搭載版が出てからのようですね。
C言語ハードウェアツールはeXCiteを使用していた。ソリトンの方とHLS、FPGAツールの事で盛り上がってしまった。お話できて楽しかったです。

次にアジデントのブースに行って、FPGAのプロービングについてのデモを見せてもらいました。ChipScopeでは、内部のBRAMを使用して波形を保存します。これは、マルチプレクサだけをFPGAに実装して、オシロというかロジアナで見るデモを見せてもらったのですが、プローブをどの順番でつないでもOKでした。それぞれ1パルスずつパルスを出してサーチしているとのことでした。VGAの信号を観測して、どうな表示になるか表示してくれる機能が良かったです。ここでも学生時代にFPGAを使っていたという説明員の方と楽しくお話させて頂きました。

そろそろETフェスタの時間でXilinxブースを見ていると、早乙女さんにお会いした。つくばでカメラのデモをしていただけるとのことだった。

5時なので、Verification Engineerの戯言さんにお会いした。お元気そうだった。飲みに行かれるとのこと、今日は朝からで疲れ気味だし、家も遠いので、飲みに行かないで帰宅しました。今日は暑かったです。着過ぎだったと反省。。。

そうそう、オーバートーンで頂いたブランケット(オレンジ色はレアだそうです)と帰りの横浜、クイーンズタウンのクリスマスツリー。
ET2010_1_101203.jpg

ET2010_2_101203.jpg
  1. 2010年12月03日 05:22 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4