FC2カウンター FPGAの部屋 2010年12月25日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

The Simple MicroBlaze Microcontroller 17 (ChipScope Proによるデバックの問題点)

The Simple MicroBlaze Microcontroller 16 (SDKのデバック)”でソフトウェアのデバックは終了したので、今度はハードウェアのデバックをするためにChipScope Pro(以下、ChipScope)を入れることにした。

SMM_Debug_cs.cdc を入れて、インプリメントしたところエラー発生。
SMM_62_101225.png

ERROR:Pack:2310 - Too many comps of type "BSCAN" found to fit this device.
ERROR:Pack:18 - The design is too large for the given device and package.
Please check the Design Summary section to see which resource requirement for
your design exceeds the resources available in the device.


結局、BSCANを2つ使っているとのことだった。ChipScopeでも使用するので、SMMで使用しているらしい。XPSで見るとDebug は有効になっていないのだが、BSCANが使われてしまうようだ。
SMM_63_101225.png

これを何とかしないと、ChipScopeが使えない。SMMから抜いてしまうのがベストなのだが、共用しても良い?方法を探ってみることにする。

どうやらSMMの状態でChipScopeを使う方法がわからないので、取り敢えずシミュレーションをすることにする。SMMでChipScopeを使えないとなると、使うのを考え直さなければならないかな?
このへんの情報を知っている方は教えてください。

(2010/12/25:追記)
SMM_noDBG_noUARTでやってみたが、なぜか?BSCANとMDM_coreが入っている?
SMM_64_101225.png
  1. 2010年12月25日 05:38 |
  2. SMM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0