FC2カウンター FPGAの部屋 2014年05月13日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド1(PLをビルド)

FPGA CPU News さんの”Yet Another Guide to Running Linaro Ubuntu Linux Desktop on Xilinx Zynq on the ZedBoard”をやってみることにした。

試す環境としては、Windows7 64bit版に VirtualBox をインストールし、そのゲストOSとして Ubuntu14.04 をインストールしてある。よって、その下で ZedBoard用のUbuntu をビルドする。ISEはLinux用のISE14.4を使用する。

最初にSDカードだが、8GBのSDカードがあるので、これを使用することにする。

・ANALOG DEVICES の”ADV7511 XILINX EVALUATION BOARDS REFERENCE DESIGN”から、http://wiki.analog.com/_media/resources/fpga/xilinx/kc705/cf_adv7511_zed_edk_14_4_2013_02_05.tar.gz をダウンロードした。

・cf_adv7511_zed_edk_14_4_2013_02_05.tar.gz を解凍すると、cf_adv7511_zed、cf_lib の2つのディレクトリができた。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_2_140513.png

・cf_adv7511_zed ディレクトリに入ると、system.xmp があった。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_3_140513.png

XPS14.4 を起動して、system.xmp をオープンする。

・XILINX環境変数がセットされていなかったので、

export XILINX=/opt/Xilinx/14.4/ISE_DS/ISE

コマンドを実行した。

・xps コマンドを実行して、XPS14.4を起動した。

・Implement Flow から Generate BitStream をクリックして、ビットストリームを生成した。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_1_140513.png

・Implement Flow から Export Design をクリックして、SDKにハード情報をエクスポートする。

・Export to SDK/Launch SDKダイアログが出た。Export & Launch SDK ボタンをクリックした。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_4_140513.png

・SDKが立ち上がって、ワークスペースを聞いてくるので、”/home/masaaki/HDL/ZedBoard/Ubuntu/cf_adv7511_zed/SDK/SDK_Export”を指定した。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_5_140513.png

・SDKが立ち上がった。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_6_140513.png

ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド2(u-bootをビルド)”に続く。
  1. 2014年05月13日 05:25 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3