FC2カウンター FPGAの部屋 2014年11月14日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO用の Linaro Ubuntu のPL部にカメラ・コントローラを搭載する6(BOOT.BINの生成)

ZYBO用の Linaro Ubuntu のPL部にカメラ・コントローラを搭載する5(インプリメント)”の続き。

前回、カメラ表示システムのインプリメントまで終了した。今回は、BOOT.BINを生成する。

・ハードウェアをエクスポートする。Vivado 2014.3.1 で、File メニューから Export -> Export Hardware を選択した。

・Export Hardware ダイアログが表示された。Include bitstream がチェックされていないので、チェックしてから、OKボタンをクリックした。
ZYBO_Cam_Linux_40_141113.png

・File メニューから Launch SDK を選択した。

・Launch SDK ダイアログが表示された。
ZYBO_Cam_Linux_41_141113.png

・SDKが起動した。カメラ・コントローラIP (mt9d111_inf_axi_master_0) とビットマップ・ディスプレイ・コントローラIP (bitmap_disp_cntrler_axi_master_0) も表示されている。
ZYBO_Cam_Linux_42_141113.png

・FSBLプロジェクトを作製する。

・SDKで、File メニューから New -> Application Project を選択した。
ZYBO_Cam_Linux_43_141113.png

・New Project ダイアログが表示された。Project Name に FSBL と入力して、Next > ボタンをクリックした。
ZYBO_Cam_Linux_44_141114.png

・Templates 画面で、Zynq FSBL を指定して、Finish ボタンをクリックした。
ZYBO_Cam_Linux_45_141114.png

・FSBLフォルダとFSBL_bspフォルダが作られて、自動でビルドされた。
ZYBO_Cam_Linux_46_141114.png

・FSBLフォルダを右クリックして、右クリックメニューから Create Boot Image をクリックした。
ZYBO_Cam_Linux_47_141114.png

・Create Zynq Boot Image ダイアログが表示された。すでに、FSBLとビットストリームはイメージに入っていた。Addボタンをクリックして、u-bootを追加する。
ZYBO_Cam_Linux_48_141114.png

・Browseボタンをクリックして u-boot.elf を追加して、OKボタンをクリックした。(u-boot.elf の生成方法については、”ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル5(U-Bootのビルド)”を参照下さい)
ZYBO_Cam_Linux_49_141114.png

・File path の3番目に、u-boot.elf が入った。これで終了なので、Create Image ボタンをクリックした。
ZYBO_Cam_Linux_50_141114.png

・BOOT.BIN ブート・イメージが生成された。
ZYBO_Cam_Linux_51_141114.png

・BOOT.BINは、V_ZYBO_CAMDfL143\V_ZYBO_CAMDfL143.sdk\FSBL\bootimage に生成された。
ZYBO_Cam_Linux_52_141114.png

ZYBO用の Linaro Ubuntu のPL部にカメラ・コントローラを搭載する7(devicetree.dtb)”に続く。
  1. 2014年11月14日 05:30 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0