FC2カウンター FPGAの部屋 2015年12月26日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado のIP Integrator のちょっとしたTips

・VivadoのIP Integrator のブロックデザインのMark Debugを一挙に外す方法
Mark Debug でVivado Analyzerで見た後で、1本1本ちまちまとUnmark Debug 設定していますか?私もそうしていたんですが、ぱっと思いついてやってみたらうまく行きました。

その方法は、というと、Ctrl + A ですべて選択した後で、Unmark Debug を選択するとすべて消えました。


・VivadoのIP Integrator のブロックデザインでクロック配線などの多数に供給される配線の1本だけを削除する方法
今まで、IPのピンへの配線を繋ぎ変えようとして配線を消去すると、その配線ネットが全て消えちゃってました。これはクロック配線を繋ぎ変えようとした時に、他への配線が全て消えてしまって、とっても痛いです。そこで、そのIPの配線だけを削除する方法です。

IPのピンを選択して、右クリックし、右クリックメニューからDisconnect Pin を選択すると、そのIPの配線だけを消すことができます。
IPI_disconnect_pin_151226.png
  1. 2015年12月26日 07:25 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HDMI入力XGA表示回路6(デバック2)

HDMI入力XGA表示回路5(デバック1)”の続き。

前回は、v_vid_in_axi4s_0 の AXI4-Stream の aclk クロックは FCLK_CLK_0 だが、axi_vdama_0 の s_axis_s2mm_aclk は dvi2rgb_0 の PixelClk だった。AXI4-Stream のMaster とSlave でクロックが違っていた。
それで、v_vid_in_axi4s_0 の AXI4-Stream の aclk クロックを dvi2rgb_0 の PixelClk に接続し、ビットストリームを生成し、実機で確かめてみる。

ビットストリームの生成を行って、成功した。

Vivado 2015.4 のProject Manager -> Program and Debug -> Open Hardware Manager -> Open Target -> Auto Connect でZynq と接続した。
ZYBO_1_XGA_test_58_151226.png

Hardware Manager が立ち上がった。
Program device をクリックして、xc7z010_1 を選択して、Zynq にビットストリームをダウンロードする。
ZYBO_1_XGA_test_59_151226.png

Program Device ダイアログが表示された。
Program ボタンをクリックした。
ZYBO_1_XGA_test_60_151226.png

なぜか?Vivado Analyzer の画面が表示されない。HDMI ケーブルを接続しているノートパソコンもセカンダリ・ディスプレイが見つからない。
ZYBO_1_XGA_test_61_151226.png

なぜ、セカンダリ・ディスプレイが見つからないのかがわからない?その部分は修正に関係ないはずなんだが?
Vivado のWarning は

WARNING: [Labtools 27-3123] The debug hub core was not detected at User Scan Chain 1 or 3.

で検索すると、

AR# 64764
Vivado Logic Analyzer - Warning: [Labtools 27-3123] The debug hub core was not detected at User Scan Chain 1 or 3

がヒットした。
結局、HDMI 入力RGB 出力IP (dvi2rgb) からクロックが出ていないようだ。

v_vid_in_axi4s_0 の AXI4-Stream の aclk クロックとaxi_vdama_0 の s_axis_s2mm_aclk をPS のFCLK_CLK0 に接続することにした。
ZYBO_1_XGA_test_62_151226.png

これで、もう一度、デバックポートを設定してから、ビットストリームを生成して試してみよう。

(追記)
Vivado の以前バージョンでは、Hardware Manager を使うとVivado が頻繁に落ちていたのだが、Vivado 2015.4 で、結構 Hardware Manager を使っているが一度も落ちていない。とっても良くなったと思う。
  1. 2015年12月26日 05:32 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0