FC2カウンター FPGAの部屋 2019年09月30日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96-V2 の高速、低速コネクタ用PMOD 拡張基板7(基板完成、発注)

Ultra96-V2 の高速、低速コネクタ用PMOD 拡張基板6(基板作成途中)”の続き。

前回は、階層回路図の3番目の図面の+3.3V と +1.2V がトップで接続しているかに見えたが、接続していなかった。トップの階層回路図でもう一度配線を消して、引き直したら、ネットがつながった。そういう訳で3回くらい自動配線をやり直している。また、特に +1.2V のラインがIC の電源ピンとパスコンのピンの配線が離れてしまっていた。そこで、そこだけは自分で修正した。今回は、図面をまた修正してFixし、Fusion PCB に発注した。

もう一度自動配線して、電源ラインを見直して、これで大丈夫かな?ということになったので、最後にもう一度、コネクタの配置と取り付け穴などの寸法を見直すことにした。すると、高速コネクタが 0.35 mm ずれていたので、修正した。
よってももう一度、自動配線して電源ラインを見直して完成した。
これで発注できるということで、Fusion PCB に発注した。
基板の大きさは、85 mm X 72.5 mm で、2層の 1.2 mm 厚、青で発注したが、中国では10月はじめはお休みなので、いつ出来上がるかわかんないな。。。

基板の表面を示す。
Ultra96V2_HL_exp_board_28_190930.png

裏面を示す。
Ultra96V2_HL_exp_board_29_190930.png

シルク画面を示す。
残念ながら、左上のタクトスイッチのPOR、Power はFusion PCB に注文する際にはシルクを忘れてしまった。
Ultra96V2_HL_exp_board_30_190930.png
  1. 2019年09月30日 04:31 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0