FC2カウンター FPGAの部屋 2019年11月04日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado 2019.2 のプロジェクトを作り Vitis でソフトウェア開発2

Vivado 2019.2 のプロジェクトを作り Vitis でソフトウェア開発1”の続き。

前回は、Vivado 2019.2 が11月1日にリリースされたが、このバージョンからSDK が無くなった。それじゃ、どうやって、ZYNQ とかでソフトウェアを開発するのか?といったらVitis を使用することになる。そのVitis を使ってソフトウェア開発する手順を確認してみよう。ということで、ZYBO Z7-10 を使用したaxi_gpio を使用して4 LED を制御する簡単な回路をVivado 2019.2 で作成し、Vitis 2019.2 でプラットフォーム・プロジェクトを生成してビルドした。今回は、Vitis でHello World アプリケーション・プロジェクトを作成して動作を確認してみよう。

Vitis のFile メニューからNew -> Application Project ... を選択する。
Vivado2019_2_15_191103.png

New Application Project の Create a New Application Project ダイアログが表示される。
Project name を Hello_World と入力する。
Vivado2019_2_16_191103.png

Platform では、前回作成した gpio_test_platform を選択する。
Vivado2019_2_17_191103.png

Domain はデフォルトとした。

Templates では Hello World を選択し、Finish ボタンをクリックする。
Vivado2019_2_18_191103.png

これでアプリケーション・プロジェクトが生成されたので、ビルドを行う。
トンカチ・アイコンをクリックするとビルドされる。
Vivado2019_2_19_191103.png

ビルドが終了し、Hello_World.elf ファイルが生成された。
Vivado2019_2_20_191103.png

gtkterm を起動する。
Configuration -> Port でPort に後のUSB 番号を指定する。Baud Rate に 115200 を指定する。
Vivado2019_2_21_191103.png

ビットストリームをダウンロードしよう。
Xilinx メニューからProgram FPGA を選択する。
Vivado2019_2_22_191103.png

Program FPGA ダイアログが表示される。
Program ボタンをクリックする。
Vivado2019_2_23_191103.png

Assistant ウインドウのDebug に緑チェックマークが付いていることを確認して、右クリックし、右クリックメニューからRun -> Launch on Hardware (Single Application Debug) を選択する。
Vivado2019_2_24_191103.png

起動後の様子を示す。
Vivado2019_2_25_191103.png

gtkterm を見ると、Hello World が表示されている。
Vivado2019_2_26_191103.png
  1. 2019年11月04日 04:23 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0