FC2カウンター FPGAの部屋 2019年11月10日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

「ジョーカー」(映画)を見てきました

今日は坂東ハーフマラソンの後で、「ジョーカー」(映画)を見てきました。
なんというか話題作なんでしょうが、私は余り好きじゃないですね。
  1. 2019年11月10日 22:02 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis 2019.2 の組み込みプロセッサ プラットフォームの開発をやってみる3(ソフトウェア・コンポーネントの作成2)

Vitis 2019.2 の組み込みプロセッサ プラットフォームの開発をやってみる2(ソフトウェア・コンポーネントの作成1)”の続き。

前回は、”Creating the Software Component”を参照しながら、PetaLinux 2019.2 を使用して、Vitis 2019.2 のソフトウェア・コンポーネントを作成していったが、petalinux-build までとなった。今回は sysroot を作成して、linux.bif を作成する。

今回も、”Creating the Software Component”を参照しながらやっていく。

ターゲットLinuxシステム用のsysrootセルフインストーラーを作成する。
cd images/linux
petalinux-build --sdk

結構ビルドに時間がかかったが、 sdk.sh ができた。 181.5 MB あって大きい。
Vitis_Platform_35_191109.png

現在のカレント・ディレクトリ上に ultra96v2_min_pkg ディレクトリとその下に pfm ディレクトリを作成した。更に、 pfm ディレクトリの下に boot ディレクトリと wksp1 ディレクトリを作成した。
Vitis_Platform_37_191109.png

sdk.shセルフインストーラーを使用して、sysrootを出力およびインストールする。
./sdk.sh

Enter target directory for SDK を聞かれたので、/media/masaaki/Ubuntu_Disk/tools/Xilinx/PetaLinux/PetaL_Proj/2019.2/Ultra96V2_Platform1/images/linux/ultra96v2_min_pkg/pfm を入力した。

その後、Proceed [Y/n]? と聞かれたので、Y を入力した。
Vitis_Platform_38_191109.png

Vitis_Platform_39_191109.png

ultra96v2_min_pkg/pfm/sysroot ディレクトリの下に、aarch64-xilinx-linux ディレクトリと x86_64-petalinux-linux ができた。
pfm ディレクトリの下に、environment-setup-aarch64-xilinx-linux , site-config-aarch64-xilinx-linux , version-aarch64-xilinx-linux ファイルができた。
Vitis_Platform_40_191109.png

aarch64-xilinx-linux ディレクトリの内容を示す。これは、まさに root file system のようだ。
Vitis_Platform_44_191110.png

x86_64-petalinux-linux ディレクトリを見てみよう。
Vitis_Platform_45_191110.png

最後に linux.bif を作成する。
エディタに”Creating the Software Component”の linux.bif の内容をコピー&ペーストした。
Vitis_Platform_41_191109.png

/* linux */
 the_ROM_image:
 {
  [fsbl_config] a53_x64
  [bootloader] <zynqmp_fsbl.elf>
  [pmufw_image] <pmufw.elf>
  [destination_device=pl] <bitstream>
  [destination_cpu=a53-0, exception_level=el-3, trustzone] <bl31.elf>
  [destination_cpu=a53-0, exception_level=el-2] <u-boot.elf>
 }


ultra96v2_min_pkg ディレクトリ上に linux.bif としてセーブした。
Vitis_Platform_42_191109.png

(2019/11/11 : 追記)
ultra96V2_min_pkg/pfm/boot ディレクトリには、Ultra96V2_Platform1/image/linux にビルドされたファイルの中から bl31.elf, image_ub, pmufw.elf, u-boot.elf, zynqmp_fsbl.elf をコピーした。
Vitis_Platform_43_191110.png


  1. 2019年11月10日 05:10 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0