FC2カウンター FPGAの部屋 2020年04月21日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96-V2 のカメラ入力、ディスプレイ出力付き Vitis アクセラレーション・プラットフォームの作成1(構想編)

いろいろと Vitis にも慣れてきたので、プレーンなプラットフォームではなく機能を追加した Vitis アクセラレーション・プラットフォームを作ってみたい。カメラ入力とディスプレイ出力がある Vitis アクセラレーション・プラットフォームを作ってみることにした。

使用する。カメラ入力とディスプレイ出力のベースは、”カメラ画像をDisplayPortに出力する7(ブロックデザインの変更)”を利用する。秋月電子のOV5642 カメラを使用して、 Ultra96-V2 の低速コネクタに挿したレベル変換ボードを通して Ultra96-V2 に接続されている。ディスプレイ出力は、Zynq UltraScale+ MPSoC に付属するDisplayPort に出力しよう。
ブロックデザインを示す。
cam_displayport_42_190206.png

camera 階層を示す。
cam_displayport_38_190206.png

display 階層を示す。
cam_displayport_37_190206.png

Vitis アクセラレーション・プラットフォームのハードウェア・コンポーネントは、”Ultra96-V2 の Vitis アクセラレーション・プラットフォームの作り方1(ハードウェア・コンポーネント編)”を参照しながら上の回路とマージしていこうと思う。

Vitis アクセラレーション・プラットフォームのハードウェア・コンポーネントのブロックデザインを示す。
Vitis_Platform2_16_191127.png
  1. 2020年04月21日 04:18 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0