FC2カウンター FPGAの部屋 2020年05月11日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96-V2にPYNQをインストールした時のusb0のIPアドレスの変更方法

Ultra96-V2 に PYNQ をインストールしようということで、”Ultra96 V2 に PYNQ の環境を構築して Jupyter Notebook へログインする”を参考に、Ultra96-V2 に PYNQ をインストールしたら、usb0 の IP アドレスが 192.168.3.1 だった。家のルーターが Yahoo-BB のルーターで、IP アドレスが同じ 192.168.3.1 で重なっていて、ホストパソコンから SSH が効かなかった。その回避方法を覚書として書いておく。

まずは、”Ultra96 V2 に PYNQ の環境を構築して Jupyter Notebook へログインする”を参考に ultra96v2_v2.5.zip をダウンロードした。

ultra96v2_v2.5.zip を解凍して ultra96v2_v2.5.img をゲットした。
DPU-PYNQ_1_200511.png

Etcher で 16GB の MicroSD カードに ultra96v2_v2.5.img を書いた。
DPU-PYNQ_2_200511.png

DPU-PYNQ_3_200511.png

ultra96v2_v2.5.img を書き終わって、MicroSD カードを Ultra96-V2 に入れて電源ON してブートした。
無線LANの設定を”Ultra96 V2 に PYNQ の環境を構築して Jupyter Notebook へログインする”を参考に行った。
リブート後に ifconfig したら、usb0 の IP アドレスが 192.168.3.1 だった。家のルーターが Yahoo-BB のルーターで、IP アドレスが同じ 192.168.3.1 で重なっていて、ホストパソコンから SSH が効かなかった。
DPU-PYNQ_4_200511.png

いろいろと usb0 を設定しているところを突き止めて、IP アドレスを変更しようと試みたが分からなかった。
そこで、”Help changing static ip”を参考にして、起動後に usb0 の IP アドレスを変更することにした。
sudo ifconfig usb0 192.168.4.1

もう一度、ifconfig したら usb0 は思い通りに 192.168.4.1 が割り当てられていた。
良かった。。。
DPU-PYNQ_5_200511.png

これで、ホストパソコンから SSH して、Ultra96-V2 の PYNQ に接続することができた。
ssh 192.168.3.16 -X -l xilinx
DPU-PYNQ_6_200511.png
  1. 2020年05月11日 12:33 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0