FC2カウンター FPGAの部屋 2020年05月20日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

RapidWright をやってみる3(いろいろやってみたが休止)

RapidWright をやってみる2(インストール)”の続き。

前回は、RapidWright のインストールを試みたが、java com.xilinx.rapidwright.device.browser.DeviceBrowser が動作しなかった。今回は、そのトラブルシュートをしてみたが、なかなか大変そうなので、大変残念だが、RapidWright は休止することにした。

まずは、Java が分からないので com.xilinx.rapidwright.device.browser.DeviceBrowser の解析からやってみた。
これって . で接続されているけどディレクトリと同じじゃないのか?ということで、ディレクトリを下がっていくと、RapidWright/src/com/xilinx/rapidwright/device/browser/DeviceBrowser.java があった。
RapidWright_18_200520.png

DeviceBrowser.java のコードを一部引用する。
RapidWright_19_200520.png

自分で見つけてきたサンプルコードで確かめてみたのだが、 package で CLASSPATH 環境変数からのパスを設定できるようだ。何分にも java 知らないので間違っているかもしれないが。。。
DeviceBrowser を実行した時も com/trolltech/qt/gui/QmainWindow クラスが無いと言われていたが、もしかして、 com/trolltech/qt という java のファイルが根本的に足りないんじゃないのだろうか?

ググると、 GitHub の qtjambi/qtjambiqtjambi/src/java/qtjambi/com/trolltech/qt/ にファイルがあることが分かった。
qtjambi/qtjambi を git clone して、 qtjambi/src/java/qtjambi/com/trolltech/ ディレクトリ以下を rapidwright/com 以下にコピーした。
そして、gradle でコンパイルした。
gradle build -p $RAPIDWRIGHT_PATH
ところ、エラーが頻発した。
RapidWright_21_200520.png

そこで、とりあえず core 、 gui ディレクトリしか要らないので、後は削除して、
RapidWright_22_200520.png

gradle build -p $RAPIDWRIGHT_PATH
してみたところ、PASS したので、早速
java com.xilinx.rapidwright.device.browser.DeviceBrowser
したところ、同じエラーになった。
RapidWright_23_200520.png
RapidWright_24_200520.png

RapidWright/src/com/trolltech/qt/gui ディレクトリを見たところ、com/trolltech/qt/gui/QmainWindow が無いして、ファイルを全部確かめてみても QmainWindow クラスが無かった。
RapidWright_25_200520.png

これ以上無理なので、大変残念だが、RapidWright は休止することにした。
  1. 2020年05月20日 05:23 |
  2. RapidWright
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0