FC2カウンター FPGAの部屋 2020年07月03日
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZynqMP-FPGA-Linux で Vitis 2020.1 でビルドした vadd を動作させる1(Micro SD カードの準備)

ZynqMP-FPGA-Linux が Linux Kernel Version v5.4.0 になったということで、”Ultra96-V2 の Vitis 2020.1 アクセラレーション・プラットフォームを作る5(Vitis 2020.1 で作成したアプリを動作されるが動かない!)”でビルドされた sd_card.img を MicroSD カードに書いて、Ultra96V2 で起動してみたが、 PetaLinux がブートしなかった。しかし、”Ultra96-V2 の Vitis 2020.1 アクセラレーション・プラットフォームを作る4(Vitis 2020.1 でアプリケーション・プロジェクトを作成)”で、 binary_container_1.xclbin, vadd アプリケーションが生成されているので、これらを動かしてみたいということで、 ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を使ってみることにした。

ここからは、ZynqMP-FPGA-Linux/doc/install/ultra96v2.md に従ってやっていこう。

最初に ZynqMP-FPGA-Linux を git clone する。
git clone https://github.com/ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux.git
ZynqMP-FPGA-Linux201_1_200701.png

cd ZynqMP-FPGA-Linux
git checkout v2020.1.1
git lfs pull

ZynqMP-FPGA-Linux201_2_200701.png

次に MicroSD カードをフォーマットする。フォーマットの仕方は”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール1”を参考にした。ただし、 mkfs は以下のコマンドを使用した。
sudo mkfs.msdos -n BOOT /dev/sdf1
sudo mkfs.ext3 -L ROOTFS /dev/sdf2

ZynqMP-FPGA-Linux201_3_200701.png

BOOT, ROOTFS がマウントされた。
ZynqMP-FPGA-Linux201_4_200701.png

ZynqMP-FPGA-Linux/target/Ultra96-V2/boot ディレクトリの内容を /media/masaaki/BOOT にコピーした。
cp target/Ultra96-V2/boot/* /media/masaaki/BOOT/
ls /media/masaaki/BOOT/

ZynqMP-FPGA-Linux201_5_200701.png

ZynqMP-FPGA-Linux201_6_200701.png

/media/masaaki/ROOTFS/ に Root File System をコピーした。
sudo tar xfz debian10-rootfs-vanilla.tgz -C /media/masaaki/ROOTFS/
sync
ls /media/masaaki/ROOTFS/

ZynqMP-FPGA-Linux201_7_200701.png

deb パッケージを MicroSD カードの /home/fpga/debian にコピーする。
sudo mkdir /media/masaaki/ROOTFS/home/fpga/debian
sudo cp linux-image-5.4.0-xlnx-v2020.1-zynqmp-fpga_5.4.0-xlnx-v2020.1-zynqmp-fpga-1_arm64.deb /media/masaaki/ROOTFS/home/fpga/debian
sudo cp linux-headers-5.4.0-xlnx-v2020.1-zynqmp-fpga_5.4.0-xlnx-v2020.1-zynqmp-fpga-1_arm64.deb /media/masaaki/ROOTFS/home/fpga/debian
sudo cp fclkcfg-5.4.0-xlnx-v2020.1-zynqmp-fpga_1.3.0-1_arm64.deb /media/masaaki/ROOTFS/home/fpga/debian
sudo cp u-dma-buf-5.4.0-xlnx-v2020.1-zynqmp-fpga_3.0.1-0_arm64.deb /media/masaaki/ROOTFS/home/fpga/debian

ZynqMP-FPGA-Linux201_8_200702.png

ls /media/masaaki/ROOTFS/home/fpga/debian
ZynqMP-FPGA-Linux201_9_200702.png

MicroSD カードの ROOTFS/mnt/boot ディレクトリを作って、ROOTFS/etc/fstab に 1 行追加するのだが、 sudo cat ではアクセスできなかったので、sudo su で root になって行った。それでも、行のTAB が無くなってしまったので、 vi で修正した。
sudo mkdir /media/masaaki/ROOTFS/mnt/boot
sudo su
cat <<EOT >> /media/masaaki/ROOTFS/etc/fstab
/dev/mmcblk0p1  /mnt/boot   auto    defaults    0   0
EOT
vi /media/masaaki/ROOTFS/etc/fstab

ZynqMP-FPGA-Linux201_10_200702.png

Vi で TAB を入力した。
ZynqMP-FPGA-Linux201_11_200702.png

more /media/masaaki/ROOTFS/etc/fstab
ZynqMP-FPGA-Linux201_12_200702.png

大丈夫そうだ。

次に、 Ultra96-V2 の無線LAN の設定を行う。
wpa_passphrase コマンドで psk を取得する。なお、SSID と PASSWORD は秘密だ。
wpa_passphrase ssssssss ppppppppp
ZynqMP-FPGA-Linux201_13_200702.png

今度は、最初から vi で wlan0 を設定した。
vi /media/masaaki/ROOTFS/etc/network/interfaces.d/wlan0
ZynqMP-FPGA-Linux201_14_200702.png

lsblk で MicroSD カードの情報を見てから、ファイル・マネージャーから BOOT と ROOTFS をアンマウントした。
  1. 2020年07月03日 04:43 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0