FC2カウンター FPGAの部屋 2020年10月03日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Nexys Video でMicroBlaze のチュートリアルをやってみる2(手順 2: IP インテグレーター デザインの作成 その1)

Nexys Video を使用して”Vivado Design Suite チュートリアル エンベデッド プロセッサ ハードウェア デザイン UG940 (v2019.2) 2019 年 11 月 26 日”の”第 4 章 演習 3: エンベデッド MicroBlaze プロセ ッサのプログラム”をやってみようと思うということで、前回は、Vivado プロジェクトを作成した。今回は、”手順 2: IP インテグレーター デザインの作成”を行う。

Flow Navigator で IP Integrator -> Create Block Design をクリックする。
Create Block Design ダイアログが表示される。
Design name: に mb_subsystem と入力した。
microblaze_tut_8_201002.png

ブロックデザインが生成された。
Diagram ウインドウで + アイコンをクリックして、Add IP を行う。
”mig”と入力すると、 Memory Interface Generator (MIG 7 Series) が表示されたので、ダブルクリックして、Add IP する。
microblaze_tut_9_201002.png

MIG が Add IP された。
Run Block Automation をクリックする。
microblaze_tut_10_201002.png

Run Block Automation が表示された。
All Automation にチェックを入れて、(デフォルトで入っていたかも?)OK ボタンをクリックする。
microblaze_tut_11_201002.png

Critcal Messages ダイアログが表示された。
OK ボタンをクリックする。
microblaze_tut_12_201002.png

mig_7series_0 がインスタンスされた。
microblaze_tut_13_201002.png

Add IP アイコンをクリックして、MicroBlaze を Add IP する。
microblaze_tut_14_201002.png

microblaze_0 がインスタンスされた。
microblaze_tut_15_201002.png

Board ウインドウを見たが、UG940 の様に DDR3 SDRAM のオレンジ色のマークが表示されていなかった。たぶん、エラーが出たためだろう?
そこで、DDR3 SDRAM を右クリックし右クリックメニューから Auto Connect を選択した。
microblaze_tut_16_201002.png

すると、Auto Connect ダイアログが表示されて、DDR3 SDRAM が mig_7series_0 に接続された。
microblaze_tut_17_201002.png

DDR3 SDRAM にオレンジ色のマークが表示された。これで UG940 と同じになった。
microblaze_tut_18_201002.png

現在の Diagram ウインドウの様子を示す。
microblaze_tut_19_201002.png

Board ウインドウの UART -> USB UART を Diagram ウインドウにドラック & ドロップする。
microblaze_tut_20_201002.png

axi_uartlite_0 がインスタンスされた。
microblaze_tut_21_201002.png
  1. 2020年10月03日 03:46 |
  2. MicroBlaze
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0