FC2カウンター FPGAの部屋 2020年10月12日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”Ultra96v2 Linux-Based Platform in Xilinx Vitis 2020.1”をやってみる1(1- XSA design その1)

前回、自分で Vitis 2020.1 のアクセラレーション・プラットフォームを作成したが、PetaLinux は起動しないままだった。
Ultra96v2 Linux-Based Platform in Xilinx Vitis 2020.1”を見つけたので、この通りにやってみることにした。

1- XSA design からやってみよう。

ultra96v2-vitis-pkg というディレクトリを作成する。
ultra96v2-vitis-pkg の下に vivado ディレクトリを作成する。
vivado ディレクトリに移動する。
Vivado 2020.1 を起動する。
Ultra96V2_acc_platform201_1_201011.png

Vivado 2020.1 が起動した。
Create New Project をクリックして、 ultra96v2-vitis-pkg/vivado ディレクトリに ultra96v2-xsa というプロジェクトを作成する。
なお、New Project ウインドウの下に書いてある画面以外はすべてデフォルトでNext > ボタンをクリックしている。

New Project ウインドウの Project Name 画面で、Project name: に ultra96-xsa を、Project location: に ultra96v2-vitis-pkg/vivado ディレクトリを指定した。
Ultra96V2_acc_platform201_2_201011.png

Default Part 画面では、Boards をクリックし、Vendor: を avnet.com にして、Ultra96v2 Single Board Computer を選択する。
Ultra96V2_acc_platform201_3_201011.png

New Project Summary 画面を示す。
Finish ボタンをクリックする。
Ultra96V2_acc_platform201_4_201011.png

ultra96-xsa プロジェクトが生成された。
左の Flow Navigator の Create Block Design をクリックして、ブロックデザインを生成する。
Create Block Design ダイアログが開く。Design name: に ultra96v2_design と入力し、OK ボタンをクリックした。
Ultra96V2_acc_platform201_5_201011.png

開いた Diagram ウインドウで、+ ボタンをクリックし、Zynq UltraScale+ MPSoC を Add IP した。
Run Block Automation をクリックする。
Ultra96V2_acc_platform201_6_201011.png

Run Block Automation が開いた。
Apply Board Preset にチェックが入っているのを確認して、OKボタンをクリックした。
Ultra96V2_acc_platform201_7_201011.png

zynq_ultra_ps_e_0 の様子を示す。
Ultra96V2_acc_platform201_8_201011.png
  1. 2020年10月12日 05:09 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0