FC2カウンター FPGAの部屋 2020年10月31日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis アクセラレーション・プラットフォームでデフォルト・クロックを変更する2(実機でテスト)

Vitis アクセラレーション・プラットフォームでデフォルト・クロックを変更する1(Vitis の V++ コンパイラとリンカの設定)”の続き。

今回の Vitis アクセラレーション・プラットフォームで、デフォルト・クロック( 100 MHz )を使用してアクセラレーション・ハードウェアを使用してきたが、他のクロックも使用したい。そこで、 前回は、200 MHz のクロックを使用できるように Vitis のオプションを探って見つけることができた。今回は、できあがったバイナリと xclbin ファイルを Ultra96V2 で実行した。

まずは Ultra96V2 の電源を ON して PetaLinux を起動した。
FTP アプリの FileZilla を使用して、 SFTP を行う。

pfm/lap_filtger_axis_dma_200/Hardware/package/sd_card ディレクトリから Ultra96V2 の /media/sd-mmcblk0p1 ディレクトリに BOOT.BIN, image.ub, lap_filter_axis_dma_200.xclbin ファイルをコピーする。( lap_filter_axis_dma_200 は後でリモートデバックでファイルがアップロードされるので、今はやらない)

まずは、Ultra96V2 の /media/sd-mmcblk0p1 ディレクトリから BOOT.BIN, image.ub, lap_filter_axis_dma_200, lap_filter_axis_dma_200.xclbin ファイルを削除した。( lap_filter_axis_dma_200, lap_filter_axis_dma_200.xclbin ファイルがあるのはいろいろと試しているからだ)
Vitis_acc_option_10_201030.png

削除された。
Vitis_acc_option_11_201030.png

pfm/lap_filtger_axis_dma_200/Hardware/package/sd_card ディレクトリから Ultra96V2 の /media/sd-mmcblk0p1 ディレクトリに BOOT.BIN, image.ub, lap_filter_axis_dma_200.xclbin ファイルをコピーした。
Vitis_acc_option_12_201030.png

Assistant ウインドウの lap_filter_axis_dma_200_system -> lap_filter_axis_dma_200 -> Hardware を右クリックし右クリックメニューから Run -> Run Configurations... を選択する。

Run Configurations ダイアログが開く。
Single Application Debug をダブルクリックすると、Debugger_lap_filter_axis_dma_200-Default が生成された。
Connection を 192.138.3.23 (Ultra96V2 の IP アドレス)に変更した。
Vitis_acc_option_16_201030.png

Application タブの内容を示す。
Vitis_acc_option_17_201030.png

Apply ボタンをクリックして、 Run ボタンをクリックすると lap_filter_axis_dma_200 実行ファイルが lap_filter_axis_dma_200.xclbin 引数付きで実行された。
Vitis_acc_option_18_201030.png

成功だ。カーネルの実行時間は 3562350 ns 、約 3.562 ms となった。
カーネルの動作周波数が 100 MHz の時の実行時間は約 6.538 ms だったので、約半分近くになっている。
実行時間は 3.562 / 6.538 X 100 ≒ 54.48 % になっている。
性能は 6.538 / 3.562 ≒ 1.83 倍になっている。
カーネル動作周波数は 200 MHz になっているようだ。

生成された profile_summary.csv を示す。
Vitis_acc_option_19_201030.png

Vitis_acc_option_20_201030.png

Vitis_acc_option_21_201030.png

ラプラシアンフィルタ処理後の temp_lap.bmp を貼っておく。正常にフィルタがかかっているようだ。
Vitis_acc_option_32_201031.png
  1. 2020年10月31日 04:55 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0