FC2カウンター FPGAの部屋 2021年09月01日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない3

Vivado ML 2021.1 でデバッグできない2”の続き。

前回は、 ILA ダッシュボードが表示されなかったプロジェクトで Debug の数を変化させて ILA ダッシュボードが表示されるか?を調べたが、段々に増やしていけば、前々回に ILA ダッシュボードが表示されなかった数と同じ ILA の数を入れても ILA ダッシュボードが表示されて、デバックができた。今回は、それでは、いままでは DFX が設定されていない Vivado プロジェクトで前々回、前回と ILA ダッシュボードが表示されるのを見てきたが、DFX が設定されている Vivado プロジェクトで、ILA の数を減らした時に ILA ダッシュボードが表示されるか?を見ていこう。

Zynq の PCAP を使用して DFX する4(Vivado でデバッグできない)”の DFX_filter_test_211 プロジェクトの ILA の数を 2 個にした。 vfilp_dma_write_0 の m_axi_gmem と DMA2axis_0 の m_axi_gmem の 2 つの AXI4 Master インターフェースに Debug を設定した。
ILA_20_210830.png

これで、論理合成、インプリメンテーション、ビットストリームの生成を行って、ハードウェアをエクスポートした。
Viits でプラットフォームをアップデートして、アプリケーション・プロジェクトをビルドし、デバッグ・モードでソフトウェアを起動した。
Vivado で PROGRAM AND DEBUG -> Open Hardware Manager -> Open Target をクリックし、Auto Connect を選択して、ZYBO Z7-20 に接続したところ、 ILA ダッシュボードが表示されなかった。
ILA_21_210830.png

次に、 AXI4 Master インターフェースはやめて、AXI4-Stream インターフェースの 2 つに Debug を指定した。
ILA_22_210830.png

これも同様に作業を行ったところ、やはり、 ILA ダッシュボードが表示されなかった。
ILA_23_210830.png

それでは、AX4−Stream インターフェースはやめて、クロックの異なる bitmap_disp_cont_axis_0 の RGB から rgb2dvi_0 の RGB への配線に Debug を指定した。
ILA_24_210830.png

これも同様に作業を行ったところ、やはり、 ILA ダッシュボードが表示されなかった。
ILA_25_210830.png

DFX を指定したプロジェクトでは、 ILA を使えないのだろうか?
  1. 2021年09月01日 04:43 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0