FC2カウンター FPGAの部屋 2022年09月25日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

kv260_median_platform のメディアン・フィルタを KV260 の Petalinux から動作させる13

kv260_median_platform のメディアン・フィルタを KV260 の Petalinux から動作させる12”の続き。

前回は、、Vitis 2022.1 で kv260_median アクセラレーション・プラットフォームを作成した。今回は、作成した kv260_median アクセラレーション・プラットフォームを使用して、vadd アプリケーション・プロジェクトを作成し、ビルドして成功した。そして、Vitis HLS 2022.1 のプロジェクトと Vivado 2022.1 のプロジェクトを見ていこう。

現在の Vitis 2022.1 の様子を示す。
KV260_custom_platform_52_220924.png

vadd アプリケーション・プロジェクトの作成
Vitis 2021.1 で File メニューから New -> Application Project... を選択する。
New Application Project ダイアログの Create a New Application Project 画面が開く。
Next > ボタンをクリックする。

Platform 画面
kv260_median プラットフォームを選択する。
KV260_custom_platform_54_220924.png

Application Project Detail 画面
Application project name に vadd と入力する。
KV260_custom_platform_55_220924.png

Domain 画面
sysroot path: に kv260_median_platform/kv260_median_pkg/sysroots/cortexa72-cortexa53-xilinx-linux を指定した。
Root FS: に kv260_median_platform/kv260_median_plnx/images/linux/rootfs.ext4 を指定した。
Kernel Image: に kv260_median_platform/kv260_median_plnx/images/linux/Image を指定した。
KV260_custom_platform_56_220924.png

Templates 画面
Simple Vector Addition を選択した。
Finish ボタンをクリックした。
KV260_custom_platform_57_220924.png

vadd プロジェクトが生成された。
最初に Emulation-SW でビルドしてみよう。
Active build configuration を Emulation-SW のままとする。
Explorer から vadd_system を選択する。
トンカチ・ボタンをクリックして、ビルドを行う。
KV260_custom_platform_58_220924.png

ビルドが成功した。
KV260_custom_platform_59_220924.png

Run ボタンをクリックした。
Error Launching Program ダイアログが表示された。
エラーのようだ。
KV260_custom_platform_60_220924.png

次に Hardware でビルドしてみよう。
Active build configuration を Hardware に変更する。
Explorer から vadd_system を選択する。
トンカチ・ボタンをクリックして、ビルドを行う。
KV260_custom_platform_61_220924.png

ビルドが成功した。
KV260_custom_platform_62_220924.png

Vitis HLS 2022.1 の krnl_vadd プロジェクトを見てみよう。
krnl_vadd プロジェクトは、kv260_median_platform/kv260_median_pkg/vadd_kernels/Hardware/build/krnl_vadd/krnl_vadd/krnl_vadd にあった。
C コードの合成結果を示す。
KV260_custom_platform_63_220924.png

次に、Vivado 2022.1 のプロジェクトは、kv260_median_platform/kv260_median_pkg/vadd_system_hw_link/Hardware/binary_container_1.build/link/vivado/vpl/prj にあった。
KV260_custom_platform_64_220924.png

system ブロック・デザインを示す。
KV260_custom_platform_65_220924.png

Address Editor 画面を示す。
KV260_custom_platform_66_220924.png

Project Summary を示す。
KV260_custom_platform_67_220924.png
  1. 2022年09月25日 04:22 |
  2. Vitis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0