FC2カウンター FPGAの部屋 2022年12月06日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis-AI 2.5 の Custom OP Workflow のクイックスタートを使って、TensorFlow + Keras で学習した MNIST を XMDEL にする2

Vitis-AI 2.5 の Custom OP Workflow のクイックスタートを使って、TensorFlow + Keras で学習した MNIST を XMDEL にする”の続き。

前回は、私が自分で学習した MNIST の h5 ファイルを使用して、XMODEL を作成した。今回は、その XMODEL を使用して、KV260 の Petalinux 2022.1 で実際に MNIST を動作させてみよう。

KV260 の Petalinux 2022.1 の設定は、”Vitis-AI 2.5 の Custom OP Workflow のクイックスタートをやってみる3”で全てやってあるので、XMODEL を転送して、実行してみれば良いはずだ。

FileZilla で tf2_minist_cnn5.xmodel を KV260 の Petalinux 2022.1 にアップロードした。
Custom_OP_Workflow_33_221206.png

カスタム OP デモを実行する。
cd ~/kv260_median/dpu
sudo mkdir -p /run/media/mmcblk0p1/
sudo cp dpu.xclbin /run/media/mmcblk0p1/
sudo xmutil unloadapp
sudo xmutil loadapp dpuprj
cd ~/tensorflow2_example/deployment/cpp
./tf2_custom_op_graph_runner ~/tensorflow2_example/tf2_mnist_cnn5.xmodel ~/tensorflow2_example/sample.jpg

Custom_OP_Workflow_34_221206.png
Custom_OP_Workflow_35_221206.png

xilinx-k26-starterkit-20221:~/tensorflow2_example/deployment/cpp$ ./tf2_custom_op_graph_runner ~/tensorflow2_example/tf2_mnist_cnn5.xmodel ~/tensorflow2_example/sample.jpg
model_file: /home/petalinux/tensorflow2_example/tf2_mnist_cnn5.xmodel
image_path: /home/petalinux/tensorflow2_example/sample.jpg
image file /home/petalinux/tensorflow2_example/sample.jpg result:
 score[0]   =  0           
 score[1]   =  0           
 score[2]   =  nan         
 score[3]   =  nan         
 score[4]   =  0           
 score[5]   =  0           
 score[6]   =  0           
 score[7]   =  nan         
 score[8]   =  0           
 score[9]   =  nan         


数字の 7 の画像を認識できなかった。やはり、層の構造が違っているネットワークを無理やり XMODEL にしたのが原因なのか?

最後の層を softmax にしていないので、nan が出ているのかも知れない?そうなると score[7] = nan だし、うまく行っている可能性もあるのか?
  1. 2022年12月06日 04:04 |
  2. Vitis-AI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0