FC2カウンター FPGAの部屋 2024年02月27日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Tang Primer 25K で PMOD-DVI を使用する5

Tang Primer 25K で PMOD-DVI を使用する4”の続き。

Tang Primer 25K に PMOD-DVI ボードを挿して、HDMI コネクタ経由でディスプレイに何らかの画像を出したい。ということで、前回は、PLLA プリミティブの出力周波数が高すぎたので、PLLA のパラメータを調整して、200 MHz つまり、SVGA のピクセル・クロックの 5 倍を出力するようにした。また svo/svo_hdmi.v を修正して、800x600 ピクセルの SVGA モードに変更した。Synthesis と Place & Route を行って、前々回のタイミング制約エラーは回避できたが、Recovery Paths Table にエラーが出ていた。今回は、生成されたビットストリームを FPGA にダウンロードしたところ、HDMI 端子に接続されたディスプレイに画像が表示された。

Tang Primer 25K をホスト・パソコンに USB ケーブルで接続した。
PMOD-DVI を J4 に接続し、HDMI ケーブルでディスプレイと接続した。

ホスト・パソコンの OS は Ubuntu 22.04 なので、Programmer をスーバーユーザー権限で起動した。
sudo /media/masaaki/Ubuntu_Disk/Gowin/Programmer/bin/programmer -family GW5A -device GW5A-25A -fs //media/masaaki/Ubuntu_Disk/Gowin/TangPrimer-25K-example/hdmi/svo/impl/pnr/hdmi.fs

Programmer が起動し、USB Debuuger A ケーブルが見つかった。
Save ボタンをクリックした。

Gowin Programmer が起動した。
Programmer の Program/Configure ボタンをクリックした。

Progress Information ダイアログが表示された。
Programming... が進んでいく。

コンフィギュレーションが終了した。
Tang_Primer_25K_202_240227.png

Tang Primer 25K の READY LED と DONE LED が点灯した。
Tang_Primer_25K_203_240227.jpg

ディスプレイに画像が表示された。多分成功だ。。。
Tang_Primer_25K_204_240227.jpg

SVGA (800 x 600 ピクセル)の画像を表示することができた。
  1. 2024年02月27日 04:04 |
  2. Tang_Primer_25K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0