FC2カウンター FPGAの部屋 2024年03月31日
fc2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Xyloni Development Kit を使ってみる5(Efinity_tutorial をやってみる2)

Xyloni Development Kit を使ってみる4(Efinity_tutorial をやってみる1)”の続き。

Github の Efinix-Inc/xyloni の xyloni/design/Efinity_tutorial をやってみようということで、前回は、Efinity で xyloni/design/Efinity_tutorial/new_project.xml を開いて、論理合成を行った。今回は、Interface Designer を起動して、IO ピン部分の割付を行った。

Open Interface Designer ボタンをクリックした。
Efinity_75_L240330.png

Interface Designer が起動した。
Show/Hide GPIO Resource Assigner をクリックした。
Efinity_76_L240330.png

Design Explorer の GPIO(0) を右クリックし、Create Bus を選択した。
Efinity_77_L240330.png

Add New Bus ダイアログが表示された。
Name に Dataout と入力し、MSB を 3 に変更した。
Mode を output に変更した。
Next > ボタンをクリックした。
Efinity_78_L240330.png

Pin Name が Dataout であることを確認し、(ここに Dataout が入っていたと思うのだが、よく覚えていない) Drive Strength を 3 に設定した。
Efinity_79_L240330.png

Summary が表示された。
Efinity_80_L240330.png

Interface Designer に Dataout[3] 〜 Dataout[0] が追加された。
Efinity_81_L240330.png

Design Explorer の GPIO(0) を右クリックし、Create Block を選択した。
Efinity_82_L240331.png

gpio_inst5 が追加された。
Efinity_83_L240331.png

同様に Create Block で、gpio_inst6 と gpio_inst7 を追加した。
Efinity_84_L240331.png

Dataout に Resource を指定する。
xyloni/design/Efinity_tutorial/TrionXyloniEvalBoardLab.pdf のスライド 16 の図を引用する。
Efinity_89_L240331.png

Dataout[0] - GPIOL_21
Dataout[1] - GPIOR_37
Dataout[2] - GPIOR_16
Dataout[3] - GPIOR_17

を指定した。
Efinity_85_L240331.png

入力ポートに名前を付ける。
gpio_inst5 をクリックして、Block Editor の Instance Name に clk を入力して、Enter キーを押した。
Efinity_86_L240331.png

gpio_inst6 をクリックして、Block Editor の Instance Name に setn を入力して、Enter キーを押した。
gpio_inst7 をクリックして、Block Editor の Instance Name に stopn を入力して、Enter キーを押した。
Efinity_87_L240331.png

入力ポートに Resource を指定する。
xyloni/design/Efinity_tutorial/TrionXyloniEvalBoardLab.pdf のスライド 22 の図を引用する。
Efinity_90_L240331.png

clk - GPIOL20
setn - SW1 GPIOR_02
stopn - SW2 GPIOR_15

を指定した。
Efinity_88_L240331.png

Check Design ボタンをクリックした。このボタンをクリックすると、セーブしてからチェックするようだ。
Efinity_95_L240331.png

Interface Designer を閉じた。

xyloni/design/Efinity_tutorial ディレクトリに new_project.peri.xml が生成された。
Efinity_93_L240331.png

new_project.peri.xml には IO のプロパティが記述されている。
Efinity_94_L240331.png
  1. 2024年03月31日 07:04 |
  2. Xyloni Development Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0