FC2カウンター FPGAの部屋 EDKでPetalinuxを動かしてみる1
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

EDKでPetalinuxを動かしてみる1

電脳筆記さんの”MicroBlazeでLinuxを動かす”を見ながらPetalinuxをEDKで動作させようとしている。
3.のmake menuconfig のところで、エラーが出て困っていたが、”UbuntuでPetalinuxを動かす時の覚書(make menuconfig がエラーになる)”で書いたように回避できた。
menuconfig をXilinx、Spartan3E500-RevD に設定した。

次に、いよいよEDKを立ち上げて、インプリメントしてみることになった。
私のsambaの設定が悪いのか、Ubuntuのフォルダをドライブにマウントできなかったので、petalinux-v0.30-rc1\hardware\reference-designs\Xilinx-Spartan3E500-RevD-edk91をローカルディスクにコピーしてEDKを立ち上げた。
EDK9.1だったので、EDK10.1を立ち上げてプロジェクトを変換。EDK9.1からEDK10.1への変換はうまく行く。EDK8からEDK10.1だとうまく行かないことが多いようだ。
下の図が変換が終わって立ち上がったところ。
Petalinux_EDK_1_090109.png

8.librariesとBSPを作成し(Software -> Generate Libraries and BSPs)、9.Updata Bitstream を実行する。うまく行った。本当に良かった。下の図
Petalinux_EDK_2_090109.png

10.Download Bitsteam でビットファイルをダウンロードしようとしたら、ダウンロードできない。これはいったいどうしたこと?早速トラブルシュート。
そうしたら、Project: fs-boot(ソフトウェア)のSourceとHeader のファイルパスがXilinx-Spartan3E500-RevD-edk91フォルダの上のfs-bootフォルダにあったのでした。そこまでコピーしていなかった。そのフォルダをコピーして、追加しなおしたらDownload Bitsteam でビットファイルをダウンロード出来た。
それでも、Teratermを115200bps、parity even で起動したのだが、FS-BOOT First Stage Bootloader の表示が出ない。。。なぜ???

XPSの画面をよくよく見ると、RS232_DTEが入っているのを見つけた。RS232_DCEは入っていない。。。こりゃーだめだ。。。
RS232_DTEに変えると言う選択肢もありますが、今日のところは素直にDサブ9ピンメスーメスのクロスケーブルを購入することにします。それまでお預けとします。

追加:
Dサブ9ピンメスーメスのクロスケーブルを購入して、Tera Termを115200bps、no parity、1stop bit で起動して、Download Bitsteam でビットファイルをダウンロードしたらFS-BOOTのブート表示が出ました。めでたしめでたし。。。
Petalinux_EDK_3_090109.png
  1. 2009年01月10日 05:41 |
  2. EDK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1006-88a49f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)