FC2カウンター FPGAの部屋 REFERENCE_PIN制約
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

REFERENCE_PIN制約

ISE10.1SP3でConstraint Editorを使っていて、Clock to Padを設定しようとしていたら、
REFERENCE_PIN_2_090305.png

こんなダイアログが開いた。
REFERENCE_PIN_1_090305.png

REFERENCE_PINが設定できる。。。しかも自分でIOBのDDRレジスタで生成したTxClkからの制約ができるのか?これは、使えればとても良い。
REFERENCE_PINで検索すると”ISE Design Suite 10.1 の新機能 ”が見つかり、そこには”OFFSET OUT 制約で REFERENCE_PIN キーワードがサポートされるようになり、ソース同期インターフェイスのバス ベース出力スキューのレポートが向上しました。 ”と書いてあった。
早速、REFERENCE_PIN制約を書いてみた。

NET "sd_dq<0>" OFFSET = OUT AFTER "clk" REFERENCE_PIN "sd_ck_p" RISING;
NET "sd_dq<0>" OFFSET = OUT AFTER "clk" REFERENCE_PIN "sd_ck_p" FALLING;


これは、制約ガイドによると、” OFFSET OUT AFTER 値を指定し ないで、 レポー ト のみの制約を生成”するそうだ。
そして、インプリメントしてTiming Analyzerで見てみた。
REFERENCE_PIN_3_090305.png
REFERENCE_PIN_4_090305.png

なんか普通にタイミング解析しているみたい?別にREFERENCE_PINに対して、どの位ずれているとかのリポートがないようだ。
このREFERENCE_PIN制約に関して情報をお持ちの方はよろしければ教えてください。
  1. 2009年03月06日 12:24 |
  2. UCFの書き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1055-1fc910d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)