FC2カウンター FPGAの部屋 CMOSカメラから画像を入力してディスプレイへ出力のVHDLソース修正
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

CMOSカメラから画像を入力してディスプレイへ出力のVHDLソース修正

CMOSカメラから画像を入力してディスプレイへ出力16(VHDLソースを公開)”で公開したVHDLソースだが、エッジ検出のVHDLソースを作りながら、前のVHDLソースをシミュレーションしていたら、波形が出なくなってしまった。
考えてみると、実機の方でデバックしながらリセットの極性を逆にしたのだった。CMOSカメラのモデルOV7640_Model.vhd のリセットを逆にした。さらに良く見るとOV7640_Model.vhd の波形にもバグがあった。HREF が640PCLKの間しか1になっていない。これは1280PCLKのはず。VHDLソースを見るとバグがあったので修正した。ついでにリセットの名前がn_cam_reset だったので、cam_reset に修正。そうすると、CamDispCntrl_SRAM_tb.vhd、CamDispCntrl_SRAM.vhd も修正となってしまった。
これでシミュレーションは正常になったが、インプリメントも確かめなくては!ということでISE11.3を立ち上げて、インプリメントしてみたが、なぜかマップでエラー。どうやらCMOSカメラのSIO_Dに出力するcam_sio_d が入力専用ピンだと言われているみたいだ。
UCFを見るとピンのアサインはP26 となっていて確かに間違っている。これはP3が正解。これを修正すると問題なくインプリメントが通った。しかし、今まではなんでインプリメントが通っていたのだろうか?なぞ?
これで大丈夫なはずということで、ダウンロードファイルを作り直して再度アップした。ファイル名はCamDispCntrl_SRAMp091101.ZIPとした。

今まで、ダウンロードされた方は、”CMOSカメラから画像を入力してディスプレイへ出力16(VHDLソースを公開)”からもう一度ダウンロードをお願いいたします。

(2009/11/02 : 追記)
またまた、バグありのVGA_Display_Controller.vhd を入れてしまいました。もう一度ダウンロード、お願いします。今度は大丈夫だと思われます。
  1. 2009年11月02日 19:09 |
  2. 画像処理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1277-e134b136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)