FC2カウンター FPGAの部屋 ISEのMAPのプロパティのIOBのFFを使うオプションがデフォルトでOFFになっていた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ISEのMAPのプロパティのIOBのFFを使うオプションがデフォルトでOFFになっていた

なひたふJTAG日記”さんの”ISE11でPack I/O Registersの設定オプションにご注意”を読んでびっくり!!!
なんと、ISE11のMAPのプロパティの”Pack I/O Registers/Latches into IOBs”がデフォルトでOFFになっているとのことだった。今、自分のプロジェクトを見てみたが、OFFになっていた。ショック!!!全く気がつかなかった。
今まで、動かなくて(というか、微妙に結果が違っていて)悩んでいたが、For Inputs and Outputs にしたら、あっさりうまく行った。XSTが悪いんではなかった。てっきり、Synplify Proでうまく行って、XSTでダメだからXSTが悪いのか?と思っていた。(XSTのプロジェクトはISE11.4)
Synplify Pro用のISE10.1.3でも、”Pack I/O Registers/Latches into IOBs”はOFFだったので、ISE10からデフォルト値がOFFになったのかもしれない?
ショックだったが、冷静に考えてみると、制約に足りない部分があるのかもしれない?または、ワーストケースではなく、ベストケース?のためかもしれない。
もしかして、以前のキャラクタ描画テスト回路も、もしかしたら、そういう部分が原因か?
  1. 2010年03月15日 14:54 |
  2. Xilinx ISEについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1406-1c4f2e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)