FC2カウンター FPGAの部屋 Spartan-3A Stater Kitを使用し、MIGでDDR2-SDRAMを制御
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan-3A Stater Kitを使用し、MIGでDDR2-SDRAMを制御

Spartan-3A Stater Kitを使用し、ISE12.1のMIGでDDR2-SDRAMを制御しようと思って、試しにやってみた。
最初にProject NavigatorからMIGのIPを生成しようとしたらTCLエラーで失敗。
結局、CORE Generator 単体で立ち上げて、Spartan-3A Stater Kit用のDDR2-SDRAMコントローラを生成することができました。
mig_v3_4\board_files\sp3a_board_files\ddr2_sdram\verilog\vlog_bl8\example_design\parフォルダのcreate_ise.batを起動して、ISE12.1のプロジェクトを作成した。これをインプリした。
sp3a_st_kit_MIG_1_100601.png

インプリメントできたので、Chipscope Proを立ち上げて、ダウンロードし、dbg_data_valid_outでトリガーしたら、dbg_cmp_dataにデータが出てきた。
sp3a_st_kit_MIG_2_100601.png

dbg_led_error_outも0なので、エラーなしで動いているみたいだ。まだマニュアルも読んでいないので、よくわからないけど。。。動作周波数は133MHz、ということはddr2-266だと思う。
  1. 2010年06月01日 17:45 |
  2. Spartan3A Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1483-02cb5e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)