FC2カウンター FPGAの部屋 The Simple MicroBlaze Microcontroller 16 (SDKのデバック)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

The Simple MicroBlaze Microcontroller 16 (SDKのデバック)

前回、main()関数の”Could not find the frame base for "main".”を修正したが、他の関数でも同じエラーが出ている。
SMM_61_101220.png

もう一度、Xilinxのアンサーデータベースを調べると、”12.1 EDK - SDK Error: Could not find frame base for ""”がヒット。それによると、stackエリアを増やせとのこと。早速、lscript.ldの記述を下のように変更した。

/* _STACK_SIZE = DEFINED(_STACK_SIZE) ? _STACK_SIZE : 0x400; */
_STACK_SIZE = 0x1000;


これで、メモリの使用領域は、0x23c8から0x3010に増えた。

mb-size empty_application_0.elf  |tee "empty_application_0.elf.size"
   text       data        bss        dec        hex    filename
   6806        312       5186      12304       3010    empty_application_0.elf


これで、もう一度デバックモードにしてみたが同様にエラーが出る。
もうツールのデバックはいい加減にして、本来のCソースをデバックすることにした。大分いい感じで動いてはきてはいるのだが、まだおかしい。
SMM_62_101221.jpg

上のような表示になっていて、ロータリーエンコーダを右に回すと下の表示になる。
SMM_63_101221.jpg

ピンクで囲った0406の部分だが、本当は4060で上位桁、下位桁を間違っている。これはすぐ修正したが、他の状態遷移がまだおかしい。
#何をしているかというと、CMOSカメラの設定をLCDに表示して、ロータリーエンコーダで変更しようとしている。この辺を参照
  1. 2010年12月21日 05:01 |
  2. SMM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1669-b1fc4f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)