FC2カウンター FPGAの部屋 DesignSpark PCBでシンボルを作成する場合の円弧の書き方
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

DesignSpark PCBでシンボルを作成する場合の円弧の書き方

DesignSpark PCBで円弧を書く方法がわからなくて悩んでいたが、DesignSpark PCBのLibrary Creation Tutrial の12~13ページに書いてあったので紹介する。
現在はインダクタの回路図シンボルを書いている。

1.Library ManagerのNew Item...ボタンをクックして、回路図シンボルを作成した。
DesignSpark_PCB_81_110306.png

2.SettingsメニューのUnits...を選択して、Unitsダイアログを表示する。Units:からmilを選択した。
DesignSpark_PCB_82_110306.png

3.SettingsメニューのGrids...を選択して、Gridsダイアログを開く。Working Gridを25milにした。

4.左のダイアログのAdd Shape Single Lineアイコンを選択した。

5.Sキーを押して、出てきたLine StyleダイアログでNormalを選択した。
DesignSpark_PCB_85_110306.png

6.線を書いた。(下図がその状態)
DesignSpark_PCB_124_110320.png

7.その下に線を書いた。
DesignSpark_PCB_125_110320.png

8.その線を選択して、右クリックし、右クリックメニューからArc -> Angle 180を選択する。
DesignSpark_PCB_126_110320.png

9.下向きの円弧に変換される。これを上向きの円弧に変換する。円弧を選択して、右クリックし、右クリックメニューからArc -> Flip Arcを選択する。
DesignSpark_PCB_127_110320.png

10.上向きの円弧に変換された。
DesignSpark_PCB_128_110320.png

11.上向きの円弧をコピーして、ペーストして、線を追加した。
DesignSpark_PCB_129_110320.png

ここまで出来れば、後は、”DesignSpark PCB 1.0.3 のチュートリアルを試してみる7(回路図ライブラリ1)”の12.以降を参照に回路図シンボルを作ることができる。

(2011/03/21:追加)
インダクタの回路図シンボルとPCBシンボルが出来ました。
DesignSpark_PCB_130_110321.png

まだまだシンボルをつくりまくる必要があります。
  1. 2011年03月20日 06:04 |
  2. CADツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1751-2af96ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)