FC2カウンター FPGAの部屋 Spartan-3A Starter Kit用DVI出力拡張ボード(シンボル作成3)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan-3A Starter Kit用DVI出力拡張ボード(シンボル作成3)

今回は大物。DVI-IコネクタのPCBシンボルを作った。ウィザードにDVI-Iコネクタの項目が無いので、グリットを工夫しながら作った。

DVI-IコネクタはDigi-Key品番 WM4435-ND、これにジャックポットを付ける。なおDVI-IコネクタはMolex社製で、型番は0743201007。DVI-Iコネクタのピン配置はDigital Visual Interfaceに書いてあった。

DVI-Iコネクタの設計図の中のRECOMMENDED PCB LAYOUT を参考にPCBレイアウトを作る。RECOMMENDED PCB LAYOUT を下に引用する。
Sp3AKit_ExtBoard_3_110403.png

これを見て、DesignSpark PCBのPCBシンボルを作成した。
Unitsはinchesにした。
Sp3AKit_ExtBoard_4_110403.png

Gridは0.010とした。
Sp3AKit_ExtBoard_5_110403.png

これで、CTRL+GでHalf Grid, Quarter Grid, Tenth Gridを切り替えて使うことにした。
例えば、左下のパッド(ピンク矢印)をコピーしてその上のパッド(緑矢印)を作るときは、下のPOS:を見ながらコピーしたパッドを動かした。間隔が0.075inchなので、左下のパッドに合わせてからGridで7グリッド動かし、Half Gridに設定して、1グリッド動かすとちょうど0.075間隔になる。
Sp3AKit_ExtBoard_6_110403.png

後で、パッドの間隔を確かめるためにMeasure Gapアイコンをクリックして、2つのパッドを選択するとパッド間のギャップを計測することができる。
Sp3AKit_ExtBoard_7_110403.png

このPCBシンボルは、NO PLATE HOLE(たぶん穴だけでスルーホールでない穴?)があるが、Xilinx社のML505ボードの裏面の写真を見るとDVI-Iコネクタの位置にNO PLATE HOLEが無い?いろいろなDVI-Iコネクタがあるのか?

PCBシンボルはできたので、順序が逆だが、回路図シンボルを作る。
  1. 2011年04月03日 06:14 |
  2. プリント基板作成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1767-163cc5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)