FC2カウンター FPGAの部屋 Spartan-3A Starter KitでMIGを使用する5(インプリメント)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan-3A Starter KitでMIGを使用する5(インプリメント)

Spartan-3A Starter KitでMIGを使用する4(UCFを変更してロード)”の続き。

Spartan-3A Starter KitでMIGを使用する4(UCFを変更してロード)”で、UCFをSpartan-3A Starter Kitに合わせて変更し、MIGでロードしてみたが、IOパッドの位置がだめなようでエラーが出てしまった。やはり、Spartan-3A Starter KitのDDR2 SDRAMコントローラは、自分で作るかリファレンス・デザインを使うしか方法がないようだ。
今回は、MIGで生成したDDR2 SDRAMコントローラのexample desginをインプリメントしてみようと思う。

IPとして生成したMIGはそのままではインプリメント出来ないので、一旦削除した。
FileメニューからAdd Source...を選択すると、Add Sourcesダイアログが現れた。Add or Create Design Sourcesのラジオボタンをクリックして(デフォルト)、Next >ボタンをクリックする。
MIG_37_110514.png

Add or Create Design SourcesダイアログでAdd Filesボタンをクリックする。
MIG_38_110514.png

MIG_test_131\Spa3AKit_MIG_test\Spa3AKit_MIG_test.srcs\sources_1\ip\mig_v3_61_4\mig_v3_61_4\example_design\rtlのexample designのVerilogソースファイルをすべて選択してOKボタンをクリックする。
MIG_39_110514.png

Add or Create Design SourcesダイアログにVerilogソースファイルが入った。Next>ボタンをクリックする。
MIG_40_110514.png

Add Sources Summaryダイアログが出るので、Finishボタンをクリックする。
MIG_41_110514.png

MIGのexample designのVerilogファイルがプロジェクトに入った。
MIG_42_110514.png

FileメニューからAdd Source...を選択すると、Add Sourcesダイアログが現れた。Add or Create Constraintsのラジオボタンを選択する。
MIG_45_110514.png

Add or Create Constraintsダイアログが開く。Add Files...をクリックする。
MIG_46_110514.png

以前と同様に、parの下のmig_v3_61_4.ucfを指定する。
MIG_47_110514.png

mig_v3_61_4.ucfが入った。Next>ボタンをクリックする。
MIG_48_110514.png

Summaryが表示される。Finishボタンをクリックする。
MIG_49_110514.png

これで、UCFファイルがプロジェクトに追加された。
次に、インプリメントするためにトップモジュールを指定する。
mig_v3_61_4.vを選択して右クリックする。右クリックメニューからSpecify Top Module...を選択する。
MIG_43_110514.png

Specify Top Moduleダイアログが表示さる。Top Module Nameをmig_v3_61_4に修正して、Scan and Add RTL Include Files とAuto Re-order Source Files にチェックを入れて、OKボタンをクリックする。
MIG_44_110514.png

ここでRTL DesignのSynthesize ボタンをクリックする。
MIG_50_110514.png

Synthesis Completedダイアログが出る。続けてImplementを行う。Implementラジオボタンを選択して(デフォルト)、OKボタンをクリックする。
MIG_51_110514.png

Implementation Completedのダイアログが開く。今回はSpartan-3A Starter Kitにピン配置が合っていないので、ビットファイルを作っても使えない。デフォルトのままOKボタンをクリックした。
MIG_52_110514.png

インプリメント結果が表示された。
MIG_53_110514.png

なお、ISE13.1のPlanAheadを使用したビットファイルの生成、実機へのダウンロードは、”PlanAhead13.1を試してみた2(実機にダウンロード)”を参照のこと。
  1. 2011年05月14日 22:45 |
  2. MIG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1798-80b88e52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)