FC2カウンター FPGAの部屋 Spartan-3A Starter KitでMIGを使用する7(論理シミュレーション1)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan-3A Starter KitでMIGを使用する7(論理シミュレーション1)

Spartan-3A Starter KitでMIGを使用する6(MIGのインプリメント状況)”でMIGをインプリメントの状況を見た。
今回は論理シミュレーションを行う。

右のProject Managerをクリックして、Behavioral Simulationを表示させる。下の図は表示させた状態。
MIG_59_110516.png

FileメニューからAdd Sources...を選択すると、Add Sourcesダイアログが開く。Add or Simulation Sourcesラジオボタンをクリックする。
MIG_60_110516.png

Add or Simulation Sourcesダイアログが開く。Add Files...ボタンをクリックする。
MIG_61_110516.png

example_design\simに移動して、そこのVerilogファイルをすべて選択して、OKボタンをクリックする。
MIG_62_110516.png

Add or Simulation Sourcesダイアログに選択したVerilogファイルがリストされる。Next>ボタンをクリックする。
MIG_63_110516.png

Add Sources Summaryダイアログが表示された。Finishボタンをクリックする。
MIG_64_110516.png

PlanAheadのProject ManagerのSourcesウインドウにSimulation-Only Sourcesが追加されている。
MIG_65_110516.png

Project Managerの中のBehavioral Simulationをクリックする。
MIG_66_110516.png

Launch Behavioral Simulation ダイアログが開く。Simulation Top Module Nameを入力する。Simulation Top Module Nameの脇の…ボタンをクリックする。
MIG_67_110516.png

するとトップモジュールを検索して、候補が出てくる。sim_tb_topを選択して、OKボタンをクリックする。
MIG_68_110516.png

Launch Behavioral SimulationダイアログのSimulation Top Module Nameにsim_tb_topが表示された。Launchボタンをクリックするとシミュレーションが始まるが、Options...ボタンをクリックして、オプション設定を見てみよう。
MIG_69_110516.png

Simulation Optionsダイアログが開く。Launch OptionsとLanguage Optionsがある。Language Optionsは”PlanAhead13.1を試してみた1(インプリメント、シミュレーション)”でdefine値を指定するのに使用したので、Launch Optionsを見てみよう。Project Navigatorのシミュレーションのプロバティと同様な設定項目がある。このままだと1000ns シミュレーションを行う。今回はデフォルトとするので、OKボタンをクリックする。
MIG_70_110516.png

Launch Behavioral Simulationダイアログに戻る。Launchボタンをクリックするとコンパイルが始まり、ISimが起動する。
MIG_71_110516.png

300us間シミュレーションを行うと、270380100.0 psで、ERROR: Activate Failure. Initialization sequence is not complete.で止まってしまった。これは、”XUPV5-LX110T Development SystemでMIGを試す3(ISimでシミュレーション)”で遭遇したのと同じエラーだ。DDR2 SDRAMモデルにdefine値を与える必要がある。
MIG_72_110516.png

example_design\simフォルダのddr2_model_parameters.vhの最初に下の記述を追加した。

`define x512Mb
`define sg3
`define x16


修正後にISimのRe-Launchボタンをクリックする。コンパイルが始まって終了する。
Consoleウインドウで、

restart; run 300us


とコマンドを入力して、300us 間シミュレーションを行う。
MIG_73_110516.png

今度は、エラー無く300us 間のシミュレーションが完了した。下の図はDDR2 SDRAMの初期化部分を拡大した。
MIG_74_110516.png
  1. 2011年05月17日 05:41 |
  2. MIG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1801-4d757320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)