FC2カウンター FPGAの部屋 Spartan-3A Starter Kitのアクリルケースの設計2
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan-3A Starter Kitのアクリルケースの設計2

”Spartan-3A Starter Kitのアクリルケースの設計”の続き。

FPGA-CAFE/FabLab Tsukubaの作品をオープンソースとして公開するという規定に基づいて、全ファイルを公開します。

Spartan-3A Starter Kitのアクリルケースのファイルをここに置いておきます。ライセンス条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの表示―非営利とします。.skcがSakraCad(フリーウェアです)のファイルで、.dxfが言わずと知れたDXFファイルです。FPGA-CAFEのレーザー加工機ではDXFファイルを使用します。レーザー加工機の使い方はここです

Spartan-3A Starter Kitの裏面カバーのファイル名は、Spa3A_StKit_Bottom_Coverです。
Spa3ASKit_case_1_111112.png

Spartan-3A Starter Kitの表面カバーのファイル名は、Spa3A_StKit_Top_Coverです。
Spa3ASKit_case_5_111201.png

裏面カバーと表面カバーの間に立てて、基板を挟みこむのがスペーサーです。今度は切り欠きを付けて挟みやすくしました。ファイル名はSpa3A_StKit_Spacerです。6個必要です。
Spa3ASKit_case_6_111201.png

次にスタンドの足です。ファイル名は、Spa3A_StKit_Leg1です。これは2個必要です。
Spa3ASKit_case_3_111112.png

スタンド足用の桟です。ファイル名は、Spa3A_StKit_Leg2です。縦置きのファイル名は、Spa3A_StKit_Leg2_upです。これも2個必要です。
Spa3ASKit_case_7_111201.png

組立図はありません。書いていません。実物は、MTM07で見てください。

完成品はこんな感じですが、表面カバーは変更してあります。
  1. 2011年12月01日 20:45 |
  2. Make出展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/1988-9e9df335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)