FC2カウンター FPGAの部屋 AXI4バスでDVI表示回路を作る(仕様の検討)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

AXI4バスでDVI表示回路を作る(仕様の検討)

(2012/05/09:ブログを書き換えました)

最終的に作りたいのはAtlysボードのステレオカメラのどちらか、もしくは両方からカメラ画像をDDR2 SDRAMにWriteして、カメラデータをDVI表示回路で表示するシステムだ。しかし、CMOSカメラ(アプティナ社のMT9D112)は使用するのが難しいので、DVI表示回路はしっかり動作するものを使いたい。カメラ制御用のI2C回路は私の作ったのはWriteだけだったが、MT9D112を制御するためにはReadも必要ということがあって、DVI表示回路を先に作ることにした。
DVI表示回路を先に作っても、表示するものがないとDDR2 SDRAMの初期値のパターンを表示しているだけとなり、表示させても正しのかどうかわからない。そこで、キャラクタ・ディスプレイ・コントローラのキャラクタROMをAXI4 Lite Slave として実装し、MicroBlaze を使用してソフトウェアでキャラクタROMを読んでビデオメモリ上にキャラクタのラスタデータを書いていこうと思う。
DVI表示回路が目標とする当初の画像サイズはVGAサイズとするが、1600X1200でも耐えられるような非同期FIFOの容量とする。PLBバスでカメラ表示回路を作ってあるので、これを流用することにする。
  1. 2012年05月08日 05:51 |
  2. AXI4 Master IPの作製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2134-f39c7cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)