FC2カウンター FPGAの部屋 SpringSoft社のセミナとトラ技オフ会
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

SpringSoft社のセミナとトラ技オフ会

昨日は休暇を取って、SpringSoft社のセミナとトラ技オフ会に行って来ました。とっても忙しかったです。

SparingSoft社のツールは一言で言うとASIC作るためのツールで、FPGAを使っている私にはオーバスペックだと思いましたが、とっても参考になりました。中でもCertitude というツールはテストベンチやアサーションの検証用にわざとHDLにバグを作って、どのくらい検証漏れがないか?統計的に検証できるツールだそうです。確かに自分でアサーションのチェックをするとしたら、わざとバグを書いてチェックすると思いますが、それを自動的にやるんでしょう?びっくりしました。これは考えつかなかったです。FPGAではそこまでする必要はないと思いますが、ASICにとってはできたチップがバグってたら死活問題ですよね?
トラ技オフ会参加の関係で、最後のGPU付きFPGAのCo-Simu環境が聞けなかったのが残念です。今資料を見ているんですが、ProtoLinkの話がとっても聞きたかったです。相当残念でした。
画像関連のデバックに適用した例のようです。来年あったら是非聞きたいです。

トラ技オフ会は、いろいろな方にお会いできて楽しかったです。トラ技3月号のOV7670の記事を書かれたエンヤ氏にもお会いできて、名刺交換をさせて頂きました。エンヤ氏によるとOV7670はプロトタイプ?でバグの多い機能はリザーブにして売っちゃえーと言うことで発売されたCMOSカメラじゃないか?ということでした。とっても面白く聞かせて頂きました。そうですよね。私も他のオムニビジョン社のCMOSカメラを使ってますが、デフォルトの状態でちゃんと絵が出てました。こんなに苦労させられたのOV7670だけですよ。。。
あと、PICで作ったゼビウスと色に追従するサーボがついて動くカメラを作った方やaitendo のOV7670の参考回路通りに作られた方などがいらして、濃い話をさせたいただきました。ありがとうございました。面白かったです。
  1. 2012年05月11日 05:53 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2138-d0f09b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)