FC2カウンター FPGAの部屋 Zynq-7000(ZC702)のチュートリアル2をやってみた6(SDKデバック)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Zynq-7000(ZC702)のチュートリアル2をやってみた6(SDKデバック)

Zynq-7000(ZC702)のチュートリアル2をやってみた5(実機でテスト)”の続き。

今度は、”Zynq-7000 EPP Concepts, Tools, and Techniques A Hands-On Guide to Effective Embedded System Design UG873 (v14.1) May 31, 2012”の29ページ、Chapter 4 Debugging with SDK and ChipScope をやってみる。

・ZC702ボードの電源をONした。

・ Xilinx Toolsメニューから Program FPGA を選択した。

・ Program FPGA ダイアログが出た。Program ボタンをクリックした。ビットファイルがダウンロードされ、PLファブリックがプログラムされる。
ZC702_96_120707.png

・SDKの Hello_world_0 プロジェクトの右クリックメニューから Debug As -> Debug Configurations... を選択した。
ZC702_106_120708.png

・Debug Configurations ダイアログが開く。 Debug ボタンをクリックした。
ZC702_107_120708.png

・Reset Status ダイアログが出た。OKボタンをクリックした。
ZC702_99_120707.png

・Confirm Perspective Switch ダイアログが開く。Yesボタンをクリックした。
ZC702_108_120708.png

・Debug Perspective が開いた。helloworld.c を見ると、"u32 Readstatus=0,OldReadStatus=0;" で実行が一時停止している。
ZC702_109_120708.png

Debug ウインドウを見ると、アセンブリレベルのプログラムの実行が0x00100608番地で停止しているのがわかる。

・Window メニューからShow view > Disassembly を選択した。
ZC702_110_120708.png

・Disassembly ウインドウが表示された。
ZC702_111_120708.png

・init_platform(); の前の編みかけの部分をダブルクリックするとブレークポイントを設定できる。Resume アイコンをクリックするとブレークポイントまでのコードを実行する。
ZC702_112_120708.png

後は普通のSDKを使ったデバックなので割愛する。

・RunメニューからTerminate を選択して、デバックモードを終了し、パースペクティブをCに戻すために、WindowsメニューからOpen Perspective -> C/C++ を選択しておこう。

Zynq-7000(ZC702)のチュートリアル2をやってみた7(ChipScopeによるデバック)”に続く。
  1. 2012年07月08日 05:17 |
  2. Zynq
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2194-fa13e6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)