FC2カウンター FPGAの部屋 AXI4 Master IP にAXI4 Lite Slave を追加2(SDK)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

AXI4 Master IP にAXI4 Lite Slave を追加2(SDK)

このブログ記事のトップは、”AXI4 Master IP にAXI4 Lite Slave を追加1(インプリメント)”
前の記事は、”AXI4 Master IP にAXI4 Lite Slave を追加1(インプリメント)

インプリメントが終了したので、今度はSDKを立ちあげてソフトウェアをリコンパイルする。

・下に図はすでに実行後だが、EDKプロジェクトの system_i をHierarchy ウインドウで選択して、Processes ウインドウで Export Hardware Design To SDK with Bitstream をダブルクリックした。
AXI4M_and_Lite_Slave_25_130409.png

・SDKの Workspace Lancher が立ち上がる。Workspace がすでに設定されているので、OKボタンをクリックした。
AXI4M_and_Lite_Slave_26_130409.png

・SDKが立ち上がった。Updating hardware などが実行されている。
AXI4M_and_Lite_Slave_27_130409.png

・Project メニューから Clean... を選択した。すべてのプロジェクトをクリーンしてリコンパイルするためだ。
AXI4M_and_Lite_Slave_28_130409.png

・Clean ダイアログが開いた。Clean all projects のラジオボタンがクリックされていることを確認して、OKボタンをクリックした。
AXI4M_and_Lite_Slave_29_130409.png

・すべてのプロジェクトがリコンパイルされた。下に system.xml のカメラ・インターフェイスIP (mt9d111_inf_axi_master_0) とビットマップ・ディスプレイ・コントローラIP (bitmap_disp_cntrler_axi_master_0) のアドレスマップが見える。なお、system.xml はISEからエクスポートされたファイルだと思う。
AXI4M_and_Lite_Slave_30_130409.png

・device-tree_bsp_0 -> ps7_cortexa9_0 -> libsrc -> device-tree_v0_00_x -> xilinx.dts にDTSファルがある。そこには、mt9d111_inf_axi_master_0 と bitmap_disp_cntrler_axi_master_0 の記述もあった。
AXI4M_and_Lite_Slave_31_130409.png

mt9d111_inf_axi_master_0 と bitmap_disp_cntrler_axi_master_0 の記述を下に示す。

        bitmap_disp_cntrler_axi_master_0: bitmap-disp-cntrler-axi-master@47000000 {
            compatible = "xlnx,bitmap-disp-cntrler-axi-master-1.00.a";
            reg = < 0x47000000 0x10000 >;
            xlnx,display-start-address = <0x1a000000>;
            xlnx,offset-width = <0x9>;
        } ;
        mt9d111_inf_axi_master_0: mt9d111-inf-axi-master@46000000 {
            compatible = "xlnx,mt9d111-inf-axi-master-1.00.a";
            reg = < 0x46000000 0x10000 >;
            xlnx,display-start-address = <0x1a000000>;
            xlnx,offset-width = <0x9>;
            xlnx,upside-down = <0x0>;
        } ;


DTSファイルについては、下の 2 つのブログ記事を参照されたい。

SDKでDevice Treeを生成する1(Device Tree の概要)
SDKでDevice Treeを生成する2(SDKでxilinx.dtsを生成)


なお、”SDKでDevice Treeを生成する2(SDKでxilinx.dtsを生成)”を参考に、Windows7 でも xilinx.dts ファイルを生成できた。
AXI4M_and_Lite_Slave_32_130410.png

次のブログ記事は、”AXI4 Master IP にAXI4 Lite Slave を追加3(DTSをコンパイル)
  1. 2013年04月10日 04:46 |
  2. 複数のAXI4 バスを持つIPの作製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2433-a4f8fa16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)