FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS 2013.3でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS 2013.3でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする

昨日、Xilinxのサイトに、Vivado 2013.3 と ISE14.7 が出ているということをツイッターで教えてもらったので、早速、Vivado 2013.3 をインストールした。そして、再度、Vivado HLSでラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにしてみた。

Vivado HLS 2013.2 でラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにした記事を以下に示す。

Vivado HLSでラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする1
Vivado HLSでラプラシアン・フィルタ関数をaxi masterモジュールにする2


Vivado HLS 2013.3 でも、C Simulation と C/RTL Cosimulation はうまく行かなかった。
下にC Synthesis のレポートを示す。更にXPS の pcore へのIP化も行っている。
HLS_lap_fil_axim_42_131025.png

前回、Vivado HLS 2013.2 のC Synthesis のレポートを示す。
HLS_lap_fil_axim_4_131011.png

前回のリソース使用量と比べるとFFは増えたが、LUTが減ったのがわかる。

前回のIPの構成と比べると、conv_rgby.v と laplacian_fil.v が増えているのがわかる。
前回のIPの構成を下の図に示す。
HLS_lap_fil_axim_7_131012.png

今回のIPを使用して、もう一度、AXI4 Master のラプラシアン・フィルタを試してみたいと思う。

ラプラシアン・フィルタのCソースを少し変更したので、貼っておく。キャストが違っていて、warnningがでていたので、その点を修正した。
(2013/12/21:ラプラシアン・フィルタ関数にバグが有ったので変更した)

// laplacian_filter.c
// lap_filter_axim()

#include <stdio.h>
#include <string.h>

#define HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH    800
#define VERTICAL_PIXEL_WIDTH    600
#define ALL_PIXEL_VALUE    (HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH*VERTICAL_PIXEL_WIDTH)

int laplacian_fil(int x0y0, int x1y0, int x2y0, int x0y1, int x1y1, int x2y1, int x0y2, int x1y2, int x2y2);
int conv_rgb2y(int rgb);

int lap_filter_axim(int *cam_addr, int *lap_addr, volatile int *cam_fb, volatile int *lap_fb)
{
    #pragma HLS INTERFACE ap_hs port=cam_addr
    #pragma HLS INTERFACE ap_vld port=lap_addr
    #pragma HLS RESOURCE variable=cam_addr core=AXI4LiteS metadata="-bus_bundle LiteS"
    #pragma HLS RESOURCE variable=lap_addr core=AXI4LiteS metadata="-bus_bundle LiteS"
    #pragma HLS RESOURCE variable=return core=AXI4LiteS metadata="-bus_bundle LiteS"
    
    #pragma HLS INTERFACE ap_bus port=cam_fb depth=480000
    #pragma HLS INTERFACE ap_bus port=lap_fb depth=480000
    #pragma HLS RESOURCE variable=cam_fb core=AXI4M
    #pragma HLS RESOURCE variable=lap_fb core=AXI4M

    unsigned int line_buf[3][HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH];
    unsigned int lap_buf[HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH];
    int x, y;
    int lap_fil_val;
    int a, b;
    int fl, sl, tl;
    unsigned int offset;
    
    // RGB値をY(輝度成分)のみに変換し、ラプラシアンフィルタを掛けた。
    for (y=0; y<VERTICAL_PIXEL_WIDTH; y++){
        for (x=0; x<HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH; x++){
            if (y==0 || y==VERTICAL_PIXEL_WIDTH-1){ // 縦の境界の時の値は0とする
                lap_fil_val = 0;
            }else if (x==0 || x==HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH-1){ // 横の境界の時も値は0とする
                lap_fil_val = 0;
            }else{
                if (x == 1){ // ラインの最初でラインの画素を読み出す
                    if (y == 1){ // 最初のラインでは3ライン分の画素を読み出す
                        for (a=0; a<3; a++){ // 3ライン分
                            offset = *cam_addr/sizeof(int);
                            memcpy(line_buf[a], (const int*)(cam_fb+offset+(a*HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH)), HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH*sizeof(int));
                            for (b=0; b<HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH; b++){ // ライン
                                line_buf[a][b] = conv_rgb2y(line_buf[a][b]);    // カラーから白黒へ
                            }
                        }
                    }
                } else { // 最初のラインではないので、1ラインだけ読み込む。すでに他の2ラインは読み込まれている
                    offset = *cam_addr/sizeof(int);
                    memcpy(line_buf[(y+1)%3], (const int*)(cam_fb+offset+((y+1)*HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH)), HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH*sizeof(int));
                    for (b=0; b<HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH; b++){ // ライン
                        line_buf[(y+1)%3][b] = conv_rgb2y(line_buf[(y+1)%3][b]);    // カラーから白黒へ
                    }
                }
                fl = (y-1)%3;    // 最初のライン, y=1 012, y=2 120, y=3 201, y=4 012
                sl = y%3;        // 2番めのライン
                tl = (y+1)%3;    // 3番目のライン
                lap_fil_val = laplacian_fil(line_buf[fl][x-1], line_buf[fl][x], line_buf[fl][x+1], line_buf[sl][x-1], line_buf[sl][x], line_buf[sl][x+1], line_buf[tl][x-1], line_buf[tl][x], line_buf[tl][x+1]);
            }
            lap_buf[x] = (lap_fil_val<<16)+(lap_fil_val<<8)+lap_fil_val; // RGB同じ値を入れる
        }
        offset = *lap_addr/sizeof(int);
        memcpy((int *)(lap_fb+offset+(y*HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH)), (const int*)lap_buf, HORIZONTAL_PIXEL_WIDTH*sizeof(int));
    }
    return(1);
}

// RGBからYへの変換
// RGBのフォーマットは、{8'd0, R(8bits), G(8bits), B(8bits)}, 1pixel = 32bits
// 輝度信号Yのみに変換する。変換式は、Y =  0.299R + 0.587G + 0.114B
// "YUVフォーマット及び YUV<->RGB変換"を参考にした。http://vision.kuee.kyoto-u.ac.jp/~hiroaki/firewire/yuv.html
// 2013/09/27 : float を止めて、すべてint にした
int conv_rgb2y(int rgb){
    int r, g, b, y_f;
    int y;

    b = rgb & 0xff;
    g = (rgb>>8) & 0xff;
    r = (rgb>>16) & 0xff;

    y_f = 77*r + 150*g + 29*b; //y_f = 0.299*r + 0.587*g + 0.114*b;の係数に256倍した
    y = y_f >> 8// 256で割る

    return(y);
}

// ラプラシアンフィルタ
// x0y0 x1y0 x2y0 -1 -1 -1
// x0y1 x1y1 x2y1 -1  8 -1
// x0y2 x1y2 x2y2 -1 -1 -1
int laplacian_fil_soft(int x0y0, int x1y0, int x2y0, int x0y1, int x1y1, int x2y1, int x0y2, int x1y2, int x2y2)
{
     // return(abs(-x0y0 -x1y0 -x2y0 -x0y1 +8*x1y1 -x2y1 -x0y2 -x1y2 -x2y2)); // 元の実装
    y = -x0y0 -x1y0 -x2y0 -x0y1 +8*x1y1 -x2y1 -x0y2 -x1y2 -x2y2;
    if (y<0)
        y = 0;
    else if (y>255)
        y = 255;
    return(y);
}

  1. 2013年10月25日 04:29 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2628-c7ec5484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)