FC2カウンター FPGAの部屋 ZedBoard AXI4 Lite Slave 演習8(Verilog版演習マニュアルの続き2)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZedBoard AXI4 Lite Slave 演習8(Verilog版演習マニュアルの続き2)

このカテゴリの前の記事は、”ZedBoard AXI4 Lite Slave 演習7(VHDLバージョンの作製)

ZedBoard AXI4 Lite Slave 演習1”の続き。AXI4 Lite Slave カスタムIPの作り方の演習資料です。

(注)Verilog版とVHDL版に分けた。

2.2 実習回路カスタムIP led8_axi_lite_slave_v1_00_a の追加
10. 用意されているled8_axi_lite_slave_v1_00_aをPS_PL_Tutorial\system\pcoresフォルダに追加します。(Verilog HDL版とVHDL版があるので、好みの方をご使用下さい)
Verilog版はparctices\practices_1\kadai\Verilog の下にあります。
VHDL版はparctices\practices_1\kadai\VHDLの下にあります。
AXI4_practice_25_131225.png

11. ar37425のaxi_lite_slave_v1_00_aフォルダと同様に、led8_axi_lite_slave_v1_00_a フォルダの下のdataフォルダ、docフォルダ、hdlフォルダとその下のフォルダを確認します。
AXI4_practice_26_131225.png

12. 図はVerilog版なのでled_axi_lite_salve_verilogフォルダがあります。VHDL版はled8_axi_lite_salve_vhdlフォルダがあります。これらのフォルダはAXI4 Lite SlaveカスタムIPをシミュレーションするために作ってあります。
13. dataフォルダの下のled8_axi_lite_slave_v2_1_0.mpdファイルを開きます。
14. led8_axi_lite_slave_v2_1_0.mpdファイルを眺めます。Peripheral Optionsの設定があり、次にBus Interfacesの設定があります。VHDLのGenericsまたは、VerilogのParameterの設定があって、Portsの設定があります。
15. Ports設定の最後のLED8bitがコメントアウトされているので、#を削除して戻します。
AXI4_practice_27_131225.png

16. 同じフォルダのled8_axi_lite_slave_v2_1_0.paoファイルを開きます。
17. カスタムIPで使用するファイル名が定義されます。そのファイル名がコメントアウトされているので、##を削除して戻します。
AXI4_practice_28_131225.png

18. 上のled8_axi_lite_slave_v1_00_aフォルダに行って、hdlフォルダに行き、Verilogフォルダに行きます。
19. led8_axi_lite_slave.vを開きます。
20. Write TransactionのAXI4 Lite Slave Write Transaction State Machineがコメントアウトされているので、139行目から169行目までのコメントアウトを解除します。
AXI4_practice_29_131225.png

21. Read TransactionのAXI4 Lite Slave Read Transaction State Machineがコメントアウトされているので、177行目から198行目までのコメントアウトを解除します。
AXI4_practice_30_131225.png

3. 単体シミュレーション
22. Project Navigatorを立ちあげます。
23. parctices\practices_1\kadai\Verilog\led8_axi_lite_slave_v1_00_a\led8_axi_lite_slave_verilogフォルダのled8_axi_lite_slave_verilog.xiseプロジェクトをProject Navigatorから開きます。

24. Design ViewをSimulationになっていない場合には、Simulationに変更します。
AXI4_practice_31_131225.png

25. テストベンチやBFM (Bus Functional Model)を見てみましょう。
26. led8_axi_lite_slave_tbをクリックします。
27. ProcessesウインドウからSimulate Behavioral Modelをダブルクリックしてシミュレーションをスタートします。
28. ISimが起動してシミュレーション波形が表示されます。
AXI4_practice_32_131225.png

29. 波形を拡大して観察しましょう。
30. これで、単体シミュレーションは終了です。ISimを終了します。
  1. 2013年12月25日 04:19 |
  2. AXI4バスの演習資料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2685-b0e15011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)