FC2カウンター FPGAの部屋 2013年を振り返る1(1月~6月まで)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

2013年を振り返る1(1月~6月まで)

2013年を振り返ってみよう。

去年のまとめでもZynqとAXI4バスを中心にブログを書いてきたとあるが、やはり今年も同じだった。そしてVivado IP Integrator や Vivado HLSを使ってみた。来年もこれらを追っていきたいと思っている。
また、Zynq勉強会の資料を作って勉強会をする予定だ。これは2日間程度の内容になると思う。
今年を振り返ってみて、来年につなげるのは重要なことだと思っています。

1月
ZedBoard用CMOSカメラ回路の作製1(単体シミュレーション)、実質的な今年はじめての記事では、CMOSカメラ表示回路のシミュレーションを行っていたのか。。。
筑波山に登って来ました
みやぎ蔵王えぼしスキー場に行って来ました
ZedBoard用CMOSカメラ回路の作製4(XPSプロジェクトの作製)、ZedBoard用CMOSカメラ回路の作製を進めている。もう、今思い返していると、遠い昔のようだ。。。
ZedBoard用CMOSカメラ回路の作製9(ともかく写った)、ともかく写ったのだが、上下が反対に表示されてしまった。カメラの上下を間違えていた。最上位アドレスから減算して表示することにした。
ZedBoard用CMOSカメラボードの作製6(カメラボード改)、正常に表示するには、カメラのインターフェースボードを作り直す必要があったので、作りなおすことにした。
カメラの表示回路及びソフトウェアをSDカードからブートする
ZedBoard Linux のフレームバッファにカメラ画像を表示1(ChipScopeで観察1)、ZedBoard Linux のフレームバッファにカメラ画像を表示するために模索中

2月
ZedBoard用CMOSカメラ回路の作製14(カメラボード改2)、CMOSカメラを正常な向きに取り付けるカメラ・インターフェース・ボードが届いて、テストすると正常に表示された。
ZedBoard用CMOSカメラ回路の作製15(ビットマップ・ディスプレイ・コントローラIPの変更)、 前回は、ZedBoard Linux回路を使用して、Linuxを起動しない状態でカメラ回路が動作するかどうかを確かめてみたがカメラ画像を表示できなかった。原因は、PlanAhead14.4 からハードウェアをエクスポートする際に、エクスポートするフォルダが違っていた。それで動作しなかった。結構これで悩まされた。
ZedBoard Linux のフレームバッファにカメラ画像を表示12(SDカードのイメージ変更)、SDカードのイメージにカメラレジスタ設定プログラムを追加して、Linuxのブート時に自動的に起動するように設定した。まだ、フレーム・バッファのアドレスは固定されている。
ZedBoard Linux のフレームバッファにカメラ画像を表示13(未完成)、現在のSDカードでカメラ表示回路を生かしている状態でも、確率的に動作する状態と、Linuxが死んでしまう状態になってしまうことがわかった。これは、フレーム・バッファがLinuxで動的に取れらているのであたりまえだと今だったらわかっている。
ハンターマウンテン塩原スキー場に行きました
Windows XP 32ビット版からWindows 7 64ビット版に移行
LinuxでISEを使う1(VirtualBox上のUbuntuを使ってISE14.4をインストール)、Linux上でやることなので、ツールもLinxuのを使おうという試みを始めた。
Linux のSDK14.4 からZedBoard をコンフィグレーションし、ソフトを起動した、ソフトウェアが動作して、カメラ画像がディスプレイに出力された。成功だ。

3月
ZedBoardのLinuxカーネルコンパイルのテスト、引き続きUbuntu上でLinuxを使っている。起動時にフレーム・バッファのアドレスを出力するためのカーネルコンパイルのテストをしている。
ZedBoard用Digilent Linuxの解析1(フレームバッファの領域確保)
SDKでDevice Treeを生成する1(Device Tree の概要)デバイス・ツリーの生成をやってみた。
ZedBoard用Digilent LinuxのSysfs、ウィキペディアのSysfs によると、”Sysfs は Linuxカーネル 2.6 によって提供される仮想ファイルシステムである。”だそうだ。
AX4 Master IPにAXI4 Lite Slave インターフェースを追加1(仕様の検討)、CMOSカメラ・インターフェース回路とビットマップ・ディスプレイ・コントローラにフレームバッファのスタートアドレスを指定するためのレジスタを付けようと思っている。これは、ZedBaordのLinux で確保されたフレームバッファ (FB) のスタートアドレスが変わるので、そのアドレスをLinuxから、CMOSカメラ・インターフェース回路とビットマップ・ディスプレイ・コントローラのレジスタに書き込んでおく。そして、その2つのAXI4 Master IPは、レジスタに書かれたFBスタートアドレスからFBを使用する。そうすれば、必ず領域を確保したFBを使用できて、他のLinuxプログラムを破壊することが無くなる。
息子の引越し、息子が大学に合格したので、八王子のアパートに引っ越した。
農林団地の花見、つくば市の農林関係の研究所が集まっている辺りは桜の名所です。今日は上の娘が仙台に帰る日なので、午前中の30分間休暇を取って、久しぶりに家族5人で花見をして来ました。
カメラ・インターフェースIPにAXI4 Lite Slave インターフェースを追加2(シミュレーション)、シミュレーション成功。

4月
AXI4 Master IP にAXI4 Lite Slave を追加1(インプリメント)、カメラ・インターフェイスIP (CamInf IP) とビットマップ・ディスプレイ・コントローラIP (BDC IP) にAXI4 Lite Slave を追加した。
息子の大学入学式

ずっと、Linux上でカメラ画像を写す努力をしていた。

AXI4 Master IP にAXI4 Lite Slave を追加10(ハードウェア完成)、カメラの画像がVGAモニタに表示された。成功だ。。。
かすみがうらマラソン5キロの部に出場
XORShiftを試してみた1(XORShift.vhd)、なひたふさんの月刊 特電技術 第2号に載っている擬似乱数発生回路XORShift を試してみた。
AXI4-Stream のお勉強、AXI VDMA をやるには、AXI4-Stream が避けて通れない。そこで概要を勉強することにした。

5月
画像のフレームバッファ、トリプル・バッファのライフサイクルをシミュレーションすることにした。
Triple Frame Buffer Controller の追加1(仕様の検討)、”画像のフレームバッファ”と”画像のフレームバッファ2(ライフサイクルをシミュレーション)”で分かったことを、実際のZedBoard カメラ回路で確かめてみることにした。
さくらんぼ収穫、さくらんぼジャム、上の娘の小学校卒業記念の記念樹のさくらんぼの木は毎年すごい数のさくらんぼの実を付けます。昨日と今日とさくらんぼを収穫しました。
Triple Frame Buffer Controller の追加5(インプリメント、実機検証)、ディスプレイに表示してみると、正常に表示された。手を画面上で動かしても横筋は見えない。但し、バグがある気がする?画像のフレームレートは 15fps だということがわかった。
AXI VDMAを使ったカメラ表示回路の作製1(構想)、今度は、トリプルバッファリングを行うことができるAXI VDMAを使って、現在、ZedBoardでカメラ画像を表示ているシステムを構成してみようと思う。(そうだ、これはシミュレーションまではやったのだが、FPGA上に実装していない。来年は実装してみたい)
AXI VDMAのお勉強2(Register Direct Mode)、AXI VDMAの勉強を始めた。
チャレンジ筑波に参加しました、今日は中学校から一路、徒歩で筑波山神社を目指し、そこから筑波山の登山道を登って、筑波山の御幸ヶ原へ、そこから女体山の頂上の直下を通って、ロープウェイのつつじケ丘駅に降りて中学校へ帰って来ました。中学校の行事です。
カメラ、ビデオ表示カスタムIPを AX4-Stream に変更1(使用するIPの検討)、現在、AXI4 Master バスを使用して、PS部のDDR3 コントローラにAXI HPポート経由で画像データを書き込んでいたカメラ・インターフェイスIPを、AXI4-Streamバス対応に変更しようと思う。これは、AXI VDMAを使用して、画像データをDMAしようと思っているからだ。
カメラ・インターフェース用AXI4-Stream IPの作製1(仕様の検討)、”カメラ、ビデオ表示カスタムIPを AX4-Stream に変更2(カメラ・インターフェースIP)”で仕様を検討したカメラ・インターフェース用のAXI4-Stream IPを作製しようと思う。(カテゴリをAXI4-Stream IPの作製に変更しました)

6月
Custom Video Timing Controller の作製1(仕様の検討)、AXI4-Stream to Video Outを使用するために、VTC(Video Timing Controller)の代わりになるものとして、Custom Video Timing Controller を作ろうと思う。
Raspberry Pi Camera が来ました
ZedBoard用画像出力IPの作製1(仕様の検討)、前回、”Custom Video Timing Controller の作製3(XPSにAdd IP)”で、custom_vtc が完成したので、今度は、ZedBoardのVGAコネクタと、HDMIコネクタに画像信号を出力するIP (video_out_zed) を作製する。
お祭の神輿用LED配線基板の作製、子供みこしの配線をLED化して、重い鉛バッテリーをモバイルバッテリー化しようということで基板を作っていましたが、一応完成しました。
KiCad 2013-05-31 BZR 4019 でFusionPCBに基板を注文
Rubyスクリプトを Ocra-1.3.0rc1 でEXE化
AXI VDMAのレジスタ設定用AXI Lite Master IPの作製1(仕様の検討)、AXI VDMAのレジスタを設定するコントローラを AXI Lite Master として作製する。MicroBlaze でも良いのだが、MicroBlaze を実装すると大げさになってしまうし、ソフトウェアを初期値としてRAMにロードする手間も必要になる。AXI VDMAのレジスタを設定するだけの AXI Lite Master インターフェースを有した簡単なコントローラを自作することにする。
PlanAheadプロジェクトでUCF を XDC 制約/コマンドに変換する方法
Verilog HDLでの log2 の求め方(Constant Functions in Verilog 2001)
AXI4 Slave インターフェースのメモリ・シミュレーション用 IP の作製1、AXI VDMAをシミュレーションするために何が足りないかというと、メモリのシミュレーション・モデルということになる。これを作った。
ISim で OVL Ver. 2.7 のOVLライブラリのコンパイルと登録
ISim で OVL Ver. 2.7 のOVLライブラリを使用したシミュレーション
さくらんぼ狩りと美味しいお蕎麦、山形市に行ってさくらんぼ狩りをして来ました。その後美味しいお蕎麦を食べて来ました。蔵王の露天風呂に行きました。やはり、川のそばの野趣あふれる露天風呂は最高です。泉質も硫黄の匂いが漂っていて、とっても温泉らしいです。
  1. 2013年12月27日 05:38 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2687-9584588e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)