FC2カウンター FPGAの部屋 VivadoでZYBO用LEDテストプロジェクト1(単体テスト)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

VivadoでZYBO用LEDテストプロジェクト1(単体テスト)

ISEでZYBO用LEDテストプロジェクトを作製した。今度はVivado 2013.4でZYBO用LEDテストプロジェクトを作ってみようと思う。
最初にled4_axi_lite_slave の単体テストから行う。

・Vivado 2013.4の led4_axi_lite_salve プロジェクトを作製して、HDLファイルをAdd Source した。
Vivado_ZYBO_LED_test_1_140226.png

・Flow Navigator のSimulation -> Run Simulation をクリックして、Behavioral Simulation を実行した。
Vivado_ZYBO_LED_test_2_140226.png

シミュレーションは正常にできていた。

このプロジェクトを IP Packager で IP にしよう。

・Toolsメニューから Create and Package IP... を選択した。

・Create And Package New IPダイアログが立ち上がった。今度は、IP Packaging と AXI4 Peripheral Creation が出来るらしい。
IP_Integrator_2013_4_6_140103.png

・次の画面でPackage your projectのラジオボタンを選択した。
IP_Integrator_2013_4_7_140103.png

・Summaryが表示されたので、Finishボタンをクリックした。

・Pacage IPの画面を下に示す。
Vivado_ZYBO_LED_test_3_140226.png

Vivado_ZYBO_LED_test_4_140226.png

・Review and Package 画面で、Package IPボタンをクリックして、IP化した。
Vivado_ZYBO_LED_test_5_140226.png

・IP化された。
Vivado_ZYBO_LED_test_6_140226.png

VivadoでZYBO用LEDテストプロジェクト2(プロジェクト作製、ビットストリーム生成まで)”に続く。
  1. 2014年02月26日 05:05 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2752-64409112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)