FC2カウンター FPGAの部屋 ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド4(uImageをビルド)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド4(uImageをビルド)

ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド3(BOOT.BINを生成)”の続き。

前回は、BOOT.BINを生成した。今回は、uImage をビルドする。
Yet Another Guide to Running Linaro Ubuntu Linux Desktop on Xilinx Zynq on the ZedBoard”の”Build the linux kernel, mostly according to the ADI instructions.”をやってみる。

なお、かなりビルドをやり直しているので、キャプチャした図に一貫性がありません。ご了承下さい。

git clone https://github.com/analogdevicesinc/linux.git ; cd linux コマンドを実行した。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_28_140515.png

git checkout xcomm_zynq_3_8 コマンドを実行した。(xcomm_zynq はバージョンアップされているようだ)
Ubuntu_build_for_ZedBoard_31_140515.png

export ARCH=arm コマンドを実行した。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_30_140515.png

export CROSS_COMPILE=arm-xilinx-linux-gnueabi- コマンドを実行すべきだが、環境変数ですでにセットしてあった。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_12_140514.png

make zync_xcomm_adv7511_defconfig コマンドを実行した。(zync になっていますが、これであっています。”git checkout xcomm_zynq”で最新バージョンを落とすと、zynq_xcomm_adv7511_defconfig でした)
Ubuntu_build_for_ZedBoard_32_140515.png

export PATH=/home/masaaki/Ubuntu/u-boot-xlnx/tools:$PATH コマンドを実行して、u-boot-xlnx/tools にパスを通した。

make uImage LOADADDR=8000 コマンドを実行した。(なお、LOADADDR=0x00008000 ではエラーだった。どうやら、今回ビルドした mkimage は、0xを頭につけるのではなく、そのまま16進数を与えれば良いようだ)
Ubuntu_build_for_ZedBoard_35_140515.png
(注:上図は、ビルドが短いように見えますが、実際はもっと長いです。一度ビルドして、mkimage のエラーで終了した状態から、LOADADDR を変えて何度かやり直しています。)

・Ubuntu/linux/arch/arm/boot に uImage ができた。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_36_140515.png

ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド5(device Treeをビルド)”に続く。
  1. 2014年05月16日 04:36 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2816-2b997f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)