FC2カウンター FPGAの部屋 レナ像を使用してOpenCVで顔検出をやってみた
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

レナ像を使用してOpenCVで顔検出をやってみた

色々なマシンでOpenCVで顔検出サンプルをやってみた。
顔検出はOpenCVの samples/c の facedetect を起動してレナ像の顔検出を行ってみた。

レナ像のファイル名は、lena.jpgで、サイズは512 x 512ピクセルの89.7KiBだ。
最初に、Intel Core i7-2600 @3.4GHzのWindows 7の上にVirtualBox 4.3.12をインストールし、Ubuntu 14.04 LTSをゲストOSとして起動して、それ上に OpenCV 2.4.9 をインストールしたパソコンで、次のコマンドを入力した。

./facedetect --cascade="/usr/local/share/OpenCV/haarcascades/haarcascade_frontalface_alt.xml" lena.jpg

顔検出の結果を下に示す。
facedetect_1_140527.png

detection time = 163.16 msだった。

次にsamples/c のいろいろな画像を顔検出してみたが、猫の耳が顔検出されてしまった。誤検出のようだ。
facedetect_2_140527.png

次に、Intel Core Duo E8500 @3.16GHzの Lubuntu 14.04 が起動する OpenCV2.4.9 をインストールしたパソコンで、同じくレナ像の顔検出をやってみた。detection time = 127.07 ms だった。やはり、ネイティブにLinuxが動作しているパソコンのほうが、VirtualBoxでLinuxが動作しているパソコンよりも早い。スペックは前のパソコンのほうが良いのだが、やはりネイティブにLinuxが動作していると速いね。。。

AMD Athlon64 Dual Core 5200+ 2.70GHz VirtualBox 4.3.12 Ubuntu 14.04 LTSのOpenCV 2.4.9 では、detection time = 390.334 msだった。

ZedBoardのARM Coretex-A9 Dual 667MHz Linaro 12.11 OpenCV 2.4.6.1 では、detection time = 1986.86 ms だった。
OpenCV_1_140529.jpg

ZYBOのARM Coretex-A9 Dual 667MHz Ubuntu 12.04.4 LTS OpenCV 2.4.6.1 では、detection time = 1968.69 ms だった。
OpenCV_2_140529.jpg

ZedBoard や ZYBO はパソコンに比べて、1桁は遅い。できれば、これをFPGAでソフトウェアをハードウェアにオフロードして速度を10倍程度にアクセラレーションしてみたいと思う。
  1. 2014年05月29日 04:21 |
  2. OpenCV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2827-0dd90e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)