FC2カウンター FPGAの部屋 BeMicro MAX 10 の Full featured Reference Design をやってみた2(Nios II)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

BeMicro MAX 10 の Full featured Reference Design をやってみた2(Nios II)

BeMicro MAX 10 の Full featured Reference Design をやってみた1(コンパイル)”の続き。

前回は、Quartus II で BeMicro MAX 10 の Full featured Reference Design をコンパイルした。今回はソフトウェアをNios II で作る、と言うかCのサンプルをビルドする。

・Quartus II で、Tools -> Nois II Software Build Tools for Eclipse を選択した。
BeMicro_MAX10_15_141011.png

・BeMicro_Max10_restored (Full featured Reference Design トップのフォルダ)を指定する。
BeMicro_MAX10_16_141011.png

・Nios II が立ち上がった。
BeMicro_MAX10_17_141012.png

・File -> New -> Nios II Application and BSP from Template を選択した。
BeMicro_MAX10_18_141012.png

・Nios II Application and BSP from Template ダイアログが開く。Target hardware infomation -> SOPC Infomation File name の ... ボタンをクリックした。
BeMicro_MAX10_19_141012.png

・開くダイアログが開いた。BeMicro_MAX10_restred の nios_system_sopcinfo を選択して、開くボタンをクリックした。
BeMicro_MAX10_20_141012.png

・Target hardware infomation -> SOPC Infomation File name に nios_system_sopcinfo を選択されて、CPU name: が cpu に設定された。

・Application projet -> project name: に hello_world と記入して、Finish ボタンをクリックした。
BeMicro_MAX10_21_141012.png

・hello_world プロジェクトと hello_world_bsp プロジェクトができた。
BeMicro_MAX10_22_141012.png

・hello_world プロジェクトと hello_world_bsp プロジェクトが、software フォルダの下にできた。
BeMicro_MAX10_23_141012.png

次に、software フォルダの下にある adc_example などCサンプル用のプロジェクトを作製する。まずは、adc_example から作製する。

・File -> New -> Nios II Application を選択した。
BeMicro_MAX10_24_141012.png

・Nios II Application プロジェクトが開いた。すでにある adc_example という Project name にするとうまく行かなかったので、adc_example2 というプロジェクト名にした。

・BSP location を指定するために、脇の ... ボタンをクリックした。
BeMicro_MAX10_25_141012.png 

・Project Selection ダイアログが開いた。hello_world_bsp が選択されているので、OKボタンをクリックした。
BeMicro_MAX10_26_141012.png

・Nios II Application プロジェクトに戻り、必要な情報が入ったので、Finish ボタンをクリックした。
BeMicro_MAX10_27_141012.png

・adc_example2 プロジェクトができた。
BeMicro_MAX10_28_141012.png

・adc_example プロジェクトに入っていた adc_example.c を adc_example2 にドラック&ドロップした。
BeMicro_MAX10_29_141012.png

・Copy files のラジオボタンが選択されているので、そのままOKボタンをクリックした。
BeMicro_MAX10_30_141012.png

・adc_example2 プロジェクトに、adc_example.c が入ったが、多くの?があった。
BeMicro_MAX10_31_141012.png

・オートビルドに設定されていないようなので、Project -> Build Project を選択した。
BeMicro_MAX10_32_141012.png

・?が無くなり、バイナリファイルもできた。
BeMicro_MAX10_33_141012.png

・その他の example も同様にコンパイルできたが、timer_example.c は BSPのファイルを参照していたので、現在の環境に合うように修正を行った。
BeMicro_MAX10_34_141012.png

・すべての example のアプリケーション・プロジェクトを作製した状態のフォルダを下に示す。
BeMicro_MAX10_35_141012.png
  1. 2014年10月12日 14:19 |
  2. Altera_MAX10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2952-45e0467b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)