FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBO のUbuntu Linuxで ”saned disabled; edit /etc/default/saned” が出る
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO のUbuntu Linuxで ”saned disabled; edit /etc/default/saned” が出る

ZYBO の Ubuntu Linux で ”saned disabled; edit /etc/default/saned” が出て、途中でLinuxのブートが止まってしまった。リターンキーを押すとプロンプトがが出てきたが、自分がタイプしたキーがエコーされないので、TreaTermでローカルエコーに設定する必要があった。

これを解消したいと思って、いろいろとやってみたがうまく行かなかった。
ZYBO_Ubuntu_17_141130.png

検索していると、”After Upgrading to 12.04 I can't get to the login screen”を見つけた。それに従って、

sudo apt-get remove --purge xserver-xorg
sudo apt-get install xserver-xorg
sudo dpkg-reconfigure xserver-xorg

を行うと、プロンプトが出た。キーのエコーが問題無くなった。直りました。
ZYBO_Ubuntu_18_141130.png

但し、root でコマンドを実行したので、sudo は省略した。

追記
xserver-xorg よりも adjtimex を remove したほうが効いた気がする。
sudo apt-get remove adjtimex
  1. 2014年11月30日 20:07 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/2995-732e1290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)