FC2カウンター FPGAの部屋 Interface誌2013年7月号のOpenCVのサンプルプログラム1
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Interface誌2013年7月号のOpenCVのサンプルプログラム1

Interface誌2013年7月号のOpenCVのサンプルプログラムはとってもよく出来ていると思うので、やってみたいと思う。(引用は必ず記載するようにしているが問題があったら教えて下さい)
記事の内容には言及しない。記事はInterface誌2013年7月号で見て欲しいが、残念ながらCQ出版社のWebショップでも売り切れのようだ。かろうじてアマゾンの中古雑誌がある。

最初は、Interface誌2013年7月号のOpenCVのP48、「基本処理その3…ヒストグラムによる輝度調整」の demhist.cpp を g++_opencv でコンパイルして、実行してみた。当然、ZYBO上のUbuntu にインストールしたOpenCV-2.4.10 でコンパイルしている。
ZYBO_OpenCV_78_141211.jpg

スライダーで明るさとコントラストを変更することができる。
明るさを落とすとヒストグラムが左に偏るし、明るくするとヒストグラムが右に偏る。
コントラストを上げるとヒストグラムが左端と右端に偏る。
コントラストを下げると、ヒストグラムが真ん中に偏る。
やはりスライダーで調整つできると面白い。ぜひやってみてください。
  1. 2014年12月11日 05:48 |
  2. OpenCV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3008-7733354c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)