FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBOのUbuntu ブート用のMicroSDカードをバックアップからコピーする手順
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBOのUbuntu ブート用のMicroSDカードをバックアップからコピーする手順

ZYBOのUbuntu ブート用のMicroSDカードに不具合が生じてバックアップからコピーする手順の覚書です。

・まずは、MicroSDカードのパーティションが切れていない場合は、MircoSDカードのパーティションを作製します。(”ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド6(SDカードを用意する)”参照。但し、最初のパーティションの名前はZYBO_BOOTにしています)

・パソコンでVirtualBoxからUbuntu を起動します。

・USBのカード・リーダー/ライターにセットしてあるパーティションを作ったMicroSDカードをVirtualBox 上のUbuntu にマウントします。

・マウントしたZYBO_BOOTには、バックアップしてあったZYBO_BOOTの内容をファイルマネージャのドラック&ドロップでも cp コマンドでもどちらでも良いのでコピーします。

・ROOT_FSは root ユーザーでコピーしてあるので、下のようなコマンドを使います。
masaaki@masaaki-VirtualBox:/media/masaaki/ROOT_FS$ sudo cp -R -f ~/ZYBO/backup/Ubuntu14.04_150109/ROOT_FS/* .

・これで、MicroSDカードのコピーが出来上がったので、ZYBOに入れて電源ONします。

・ZYBOのシリアルポート経由でTera Termを起動します。

・/home/linaro のユーザーとグループがroot になっているので、両方共 linaro に変更します。
cd /home
chown -R -f linaro:linaro linaro


・ifconfig を実行して、DHCPで割り振られているIP を確認したら、Tera TermでそのIP にSSH を使用して linaro ユーザーで、ログインします。

・sudo コマンドを実行すると、実行できません。

sudo: /usr/bin/sudo must be owned by uid 0 and have the setuid bit set


・次のコマンドを実行すると、sudo が実行できるようになります。(”/usr/bin/sudo must be owned by uid 0 and have the setuid bit set”参照。 root ユーザーで実行)
chmod 4755 /usr/bin/sudo
  1. 2015年01月16日 05:23 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://marsee101.blog.fc2.com/tb.php/3048-03d9b19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)